• Twitter
  • facebook
  • Clip Evernote

スタッフブログ

2018/09/19

荒江の家、着工しました

朝晩が涼しくなってきて、
少しずつ夏の終わりを感じる日が増えてきましたが、
写真に写る秋色の空に、
ますます季節の移り変わりを感じています。

先日着工した早良区の「荒江の家」は、
基礎工事が終わりました。

Husetの家は、標準仕様はありませんが、
ちゃんと「モノ」にこだわった家づくりをしていきたいという思いがあります。

長く使えるもの、
時間が経っても美しいもの、
古くなったらリペアできるもの。
家は建てて終わりではないからこそ、
使い捨ての概念はもってのほかだと思っています。

ありがたいことに、
その思いにご共感いただく方も増えてきまして、
今回も、高断熱住宅をご提供させていただけることになりました。

荒江の家、年末の完成が楽しみです☆

naka


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 建築現場から, 荒江の家 | Comments (0)

2018/09/06

穢れない瞬間

数年前から抱いていた夢が、一歩近づきました。

今週の始まりは、埼玉県所沢市から。
Husetの思いに共感してくださり、
プロジェクトをご一緒させていただけることになった、
所沢市のエムズデザインさんとの現場確認です。

今回は、新しい窓であるフォールディングドア(折れ戸)にチャレンジするため、
デンマークの本社から社長も確認に来てくださいました。

本国の取り扱い説明のMovieも確認し、それに従い設置を試みました。
今回の建物は、木造で、かつロックウールの外張り断熱を施します。
窓の重量も然ることながら、そもそものサッシの構造・・・。
実際に窓を設置した場合に考えられるリスクなどを思うと、
カンタンに取り付けるわけにはいきません。
皆でアイディアや疑問を出し合い、
アナログなシミュレーションや測定を経て
最終結論を出しました!

この日は、新しいことにチャレンジし、それを公開する。
まさにその瞬間、という印象でした。
不純物のない透き通ったドキドキに触れ、
わたし自身の考えを、改めてアウトプットしながら、
なぜ?どうやって?いつ?と、頭を整理しています。

そうすると鮮明に蘇ってきました。
フーセットの始まりが。

初めてのデンマーク研修で訪問した、個人邸のこと。
シンプルなのに印象的なシルエットの三角屋根のおうちで、
カーテンのない窓からは温かい夕食前の風景が見えました。

玄関を開けるとすぐに、自然な温かさに包まれ、
ただいまと帰宅したパパが子供を抱きあげ、泣くとママが授乳する。
テーブルにも床にもおもちゃは散らかっているけど
子ども中心のインテリアではなく、
ある意味大人の空間に、当たり前の家族の日常が共存していた。

ふわふわの何かに頭を撫でられたように
幸福感がMAXで押し寄せてきて、
涙をこらえながら切るシャッター。
(おかげで写真はピンボケだらけ)

扉の向こうにチラっと見える洗面所さえ
書籍の中のワンシーンのようで、
流れる時間すべてに色を感じる、豊かさがありました。

身の丈のスケール感、華美でない装飾、
建築が空間のすべてを決定づけているわけではなく、
豪華な家具が完璧にそろっているから、というわけでもない。
バランスがよく、それぞれが上質で、
美しく、心地よく過ごそうという思いに溢れていた。
またその家には、それを下支えする温熱環境が伴っていた。

日本にもきっとそんな風景はあったのだろうけれど、
いつからこんなに遠いものになってしまったのだろうか。
忘れてた、いや知らなかったと、ショックが大きすぎたあの日。

家族といると幸せ、
それを口にするのが照れくさいとも思わない、
「豊かに生きる」ことを強く感じたあの瞬間、
北欧住宅をやろう!と胸に誓いました。

とても長くなりましたが、
スタートという、穢れない瞬間を見せていただいたエムズデザインさんに
心から感謝しています。

今日からのHusetに、始まりの日の思いを積み直し、
新たなる航海に出たい、そんな気分です。

naka


カテゴリ: ひとりごと, デンマーク, 北欧住宅(注文住宅), 建築現場から | Comments (0)

2018/09/05

荒江の家、地鎮祭でした

福岡市早良区荒江で、新築住宅のプロジェクトが始まります。
先日、地鎮祭を執り行いました。

久しぶりの狭小地プロジェクトで、
2階リビングのプランで計画しています。

2階ならではのLDKの抜け感、
こだわった家事動線、
各箇所へのゆとりなど、
振り返るとPLAN-15なんて資料が存在していたり。
その先にあるファイナルアンサーが、
これから建ち上がろうとしています。

家族全員、Husetもそろって安全を祈願しました。
いよいよ週明けから工事が始まります。
気を引き締めて、
荒江の家も、いいおうちになるようがんばりたいと思います☆

naka


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 荒江の家 | Comments (0)

2018/08/30

宮司の家の餅まき

宮司の家、餅まきしました!

チビッコたちが袋を持って駆け寄ってくる姿を見るといつも、
「やったー!来てくれてありがとー!」
と思います。
やはりたくさん集まっていただきたいですし、
でもそれは蓋を開けてみなければわからない。
だからいつもドキドキなのです。
今回も炎天下の中、本当によくお集まりいただいたと思います。
ご近所の皆さま、本当にありがとうございます。

餅まきのあとは現場で電気配線の打合せです。
こうして立体になった家の中で、
内外のつながり、高さや広がりへの期待感を膨らませ、
ワクワクしながらも現実問題を想像しつつ、
充実した打合せとなりました。

上棟、それは図面でのお打合せの間、
お施主さんと想像を膨らませながら考えた空間が
一気に現実味を増した瞬間です。
だからこそ、お施主さんが「わぁ!」と、
とってもストレートに喜んでくださる姿は、
どんな言葉よりも何よりもうれしいものです。

始まったばかりの現場、
この先に、また新しい空間との出会いが待っています☆

naka


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 宮司の家, 建築現場から | Comments (0)

2018/08/23

久山の家のセルフペイント

先日外観をアップしたところ
とても反響の大きかった「久山の家」、
もちろん!セルフペイントをしました。

台風の風で暑さをしのぐことができ、
ある意味この時期ではとてもいいタイミングだったかもしれません。

子供部屋のアクセントカラーが
涼しさを感じさせてくれて、
この季節、とてもいい色をお選びいただきました(笑)

Husetがいつもお勧めしている水性塗料「ミルテックス5」なのですが、
塗装が乾くほどに上質さが増していきます。
施主Yのさんもその壁をご覧いただき、良く塗れたと大変喜んでくださいました。
こうしてペンキの臭いを含む扱いやすさに対し、
いろいろと実感していただけるのも、
このセルフペイントの醍醐味だなと感じています。

最後はYさんがご準備くださったアイスコーヒーをいただき、
ホッと一息ついて、
達成感を胸に、皆さん最高の笑顔で解散しました。

作業中の差し入れなど、最後までたくさんのお気遣いを頂戴しました。
Yさん、本当にありがとうございました!

naka


カテゴリ: 久山の家, 北欧住宅(注文住宅), 建築現場から | Comments (0)

5 / 131« Top...2345678...Last »
カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ