• facebook
  • instagram

スタッフブログ

2019/01/25

床のソープがけ

たまにはお手入れについて、少しお話をさせていただこうと思います。

Husetで手掛けさせていただいくプロジェクトで、
床はソープ仕上げをオススメする機会が増えてきました。

ソープ仕上げは、
床を洗うように泡を立てながら床を拭きます。
雑巾がけのように絞る作業がないので力もいらず、
まさに食器を洗うかのように床を洗う感覚があって、
なかなか爽快です。

普段のお掃除の中で、床を少し水拭きしたいな・・・と思ったら
そのバケツにソープを薄めてあげれば、
年に一度のワックス掛け!のような気合を入れる必要もなく、
気になったときにパッとお手入れすることができるのです。

しっかりとソープが効きけば、ちょっとした水は弾きます。
日々のお手入れの容易さ、それで得られるマットな風合いなど、
総合的にワックスよりずいぶんと楽に美しさをキープできる気がします。

ご入居者さん、これから家づくりをされる方から、
よく「ソープは年に何回?」というお声をいただきますが、
わたしの答えは
「気になったらいつでも!気になったところだけでも!」

気負うことなく、ただのお掃除だと思ってください。
その方が、床もずっときれいでいられますし、
食べこぼし、飲みこぼし、植物の水やりの水滴、
いろいろと楽に無垢の床と付き合うことができますよ☆

naka


カテゴリ: ひとりごと | Comments (0)

2019/01/08

2軒のお引渡し

新年、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします!

2018年最後は、2軒のお引渡しをさせていただきました。

12月26日、荒江の家。

工事期間中もたくさんのお心遣いをいただきました。
まだ計画中頃にはまだおなかの中にいたボクも
立派な家族の一員としてお引渡しに出席してくれました。
思えば我が家とも、家族ぐるみでお打合せをしていただき・・・(笑)
あれから1年。
たった1年なのにすでに懐かしく、
でもあまりにもあっという間すぎてウソのようで。
とても不思議な感覚です。

コンパクトな土地の中で、
方位、窓、壁、角、庭、車、
いろいろな制約がある中で悩みぬいて、
この世にたったひとつの
Hさんのおうちが完成しました。

12月27日、大橋リノベ。

MUJI Renovationclubから始まった、Oさんとのご縁でした。
初めはとても口数が少なかったOさんご夫婦、
その横でとっても元気に話してくれるRくん、
現地調査に行った夏から早半年です。

静かな中にご自身のコンセプトを
しっかりとお持ちだった大橋マンションリノベは、
淡いグレーをベースに、グレーのグラデーション、
ブラックのアクセントなど、
Huset初のクールなカラーコーディネートで仕上がりました。

一見白に見える壁も、グレーが入ることで、
とても静かな気の流れを感じます。
低めの太陽の光に透明感があり、
影も絵になります。

新しい方とのご縁。新しい答え。
今年はどんな出会いが待っているのか・・・
素晴らしい一年になりますように。
今からいろいろと楽しみです。

naka


カテゴリ: リノベーション, 北欧住宅(注文住宅), 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 大橋マンションリノベ, 建築現場から, 荒江の家 | Comments (0)

2018/12/22

今年最後のオープンハウス

今日から明日にかけて、
荒江の家のオープンハウスです。
8畳用のファンヒーター1台、
35坪の家で待機していますが、
お日様にも恵まれ、とても快適に待機しております。
また、丸亀市のCONNECTさんのご協力で、
インテリアの展示販売を兼ねて開催しております!

そして今日は冬至。
大切な方からの教えで、
こういった節目の日を意識するようになりました。
そんな日だからこそ、
新しい春に向けて心のスイッチをONにしたいと思います。

振り返れば2018年は、素晴らしい1年でした。
今年もたくさんの大切な方との出会いあり、
自信を持って送り出した家たちがあり、
わたし自身、また一歩成長させていただいて・・・。

一方で、一瞬で1週間が終わってしまうような日々が続き、
反省、反省、申し訳ない気持ちもたくさん感じました。
どうしても、時間と体が足りない・・・。
変わらなければ、変えなければと、
情けなく、もどかしいことも同じ数だけありました。

こうして、突風のように駆け抜けた1年の締めくくりには、
飛び跳ねて喜びたくなるような、
最高の報せが舞い込んできました!
まっすぐな思い、努力って報われるんだと、胸が熱くなりました。
そんな感動を分けてもらえたわたしは、
最高に幸せ者だと思いました。
労いは、どんな言葉で足りるのでしょうか。
感謝の気持ちでいっぱいです。

数々の美しい感動から大きなパワーをもらい、
来年から、また心新たに、
生まれ変わった気持ちでがんばっていけそうです。
感謝感謝。本当にありがとう!

そしてただいま、絶賛「荒江の家」オープンハウス開催中です!

naka


カテゴリ: イベント, 北欧住宅(注文住宅), 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 荒江の家 | Comments (0)

2018/12/18

荒江の家、完成間近

福岡市早良区で進行中のプロジェクト「荒江の家」、
ハウスクリーニングを終えて、
優しい色合いの空間が現れました。

メープルの穏やかなフローリング、
柔らかい色使い、ほんのちょっぴりラウンドした角、
そして奥様とお子さまの秘密の部屋☆
ほんの少し、遊び心というエッセンスを加えて、
手作りのお菓子のような、やさしさの香るおうちになりました。

そしてこのたび、お客様のご厚意により、
オープンハウスを開催させていただけることになりました。

12月22日(土)10:00~16:00
12月23日(日)10:00~13:00

ゆっくりとおうちをご覧いただけるよう、
また、住宅地での開催となるため近隣の方へのご迷惑とならないよう、
予約制でのご案内とさせていただいております。
ご参加をご希望の方は、お気軽にお問合せくださいませ。

TEL:092-831-5225
MAIL:info@huset.jp
担当:中西


カテゴリ: イベント, 北欧住宅(注文住宅), 建築現場から, 荒江の家 | Comments (0)

2018/12/17

セルフペイント 大橋編

お部屋のアクセントでお選びいただくことが多いグレー。
大橋マンションリノベの壁は、全部グレーです。

あいにくペンキを塗った日のお天気が悪く、
また淡いグレーなので、写真ではちょっと伝わりづらい・・・
でもとても上品で美しいグレーでした。

そしてアクセントには、ネイビーを・・・。

わたしたちがおススメするのは、
水性ペイント「ミルテックス5」、
そしてそれを自分たちで塗ること。

このペンキは、人に優しくなれる壁を作ってくれます。

汚したっていい。
はみ出したってかまわない。
奇抜な色を選んでも怖くない。
だってまた塗ればいいんだから。
対子供、ご夫婦間、喧嘩がひとつ減るかもしれません。

自分のイメージを伸び伸びと表現したくても、
建築は、いつか飽きてしまったら・・・とか、
自分でできないこと=業者に頼まなければならない・・・とか、
守りに入りたくなることがどうしても出てきます。
簡単ではない、と思うからこそでしょう。

決して簡単ではないんですが、
やろうと思えるかどうか、が重要。
それは、たくさんの情報よりも、ひとつの大切な経験の方が、
ずっと楽にハードルを下げてくれます。

今回もまたひとつ、新しい世界に出会うことができました。
年末の完成まで、仕上げが駆け足で進んでいきます。

naka


カテゴリ: リノベーション, 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 大橋マンションリノベ, 建築現場から | Comments (0)

5 / 135« Top...2345678...Last »
カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ