• Twitter
  • facebook
  • Clip Evernote

北欧住宅(注文住宅) スタッフブログ

Category : 北欧住宅(注文住宅)

2018/12/07

宮司の家のお引渡し

福津市宮司の家が完成し、
11月の晴れの日曜日、お引渡しをさせていただきました。

ふとした閃きから、一気に方向が定まり、
走り出した「宮地の家」プロジェクト。

今回はコンパクトな家をより広く感じさせるため、
1階をほぼワンルームに見立てて、
中央の階段を空間のアクセントに、
玄関、廊下、水回りまでのつながりをLDKに取り込むような、
大胆な間取りでした。

日中、窓からの明るさが室内につくる
自然な陰影がふっと目が留まり・・・。
家と共に暮らすというのは、
たくさんの素敵な瞬間との出会いの連続でありたいものです。

どこまで行っても、何回やっても、
成長の糧というのは必ずあり、
出会いの数だけ教えがあります。

宮司の家のTさんとの出会いも思い返せば2年前。
若いご夫婦との初回面談から始まった土地探し。
探して検討して断念してを何往復もした1年間。
そして何度もお越しいただいたオープンハウス。
完成まで、ずっとずっと、わたしたちを信じて頼ってくださって、
本当にありがとうございました。
たくさんの気づきを、ありがとうございました。
Tさんのおかげで、またひとつ大きくなれた気がします。

新しい家で、TさんらしいHyggeをたくさん感じてくださいね。
これからもよろしくお願いします。

Huset naka,hori


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 宮司の家, 建築現場から | Comments (0)

2018/12/02

絵や緑で育つ家

点検で久しぶりにお伺いした「昇町の家」に、
新しい仲間が増えていました。

玄関前にシンボリックに座る植栽。

生えているというより、
わたしには座っているように見えました。
話かけてくれるような、愛着のある存在感です。

廊下には、お子さんをモチーフにした絵が飾られていました。
すごく長いわけではないけれどせっかく歩く廊下に、
通る楽しみを感じさせてくれます。

何か絵を飾って・・・
ということを想定したブラケットの設置でしたので、
ほっこり温かい絵がこの空間を彩ってくれていることに、
新築計画中のイメージが、
何倍にもなって成功!と言ってくれているようでした★

naka


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 昇町の家 | Comments (0)

2018/11/19

外張り断熱

これからの季節、日を追うごとに
雨が降るごとに、寒さが増していきますね。
荒江の家の外壁は、
見ているだけでもあったかい気がしてくる、
ミネラルウールの外張り断熱です。

Husetではドイツ、デンマークの外張り断熱を採用しています。
断熱性、耐火性などの性能はもちろん、
環境にも優しい建材にもこだわりたい、という思いがあります。
建物がサステナブルであること、
それはこれからのスタンダードになっていくことでしょう。

また、内部も着々と造作工事が進み、
踊り場のあるゆったりとした階段もできてきました。
久しぶりの2階リビング、
いつも上り下りする階段だからこそ、
動作しやすく、そして美しくありたいものです。

naka


カテゴリ: Husetのエコ, 北欧住宅(注文住宅), 建築現場から, 荒江の家 | Comments (0)

2018/11/02

仕上げが進んでいます

投稿が少し滞ってしまいました・・・。

その間、福津市の「宮司の家」では、
セルフペイント、ハウスクリーニングと、
着々と完成に向けて現場が進みました。

もちろん養生から。
朝日を浴びながら窓をマスキングする後ろ姿、
デンマークの木製サッシとおふたりのバランスが
絵になるな~!と思いながら思わずパチリ。

今回のセルフペイントは、シックなカラーが3色もあり、
アクセントだけでなく1室丸ごとカラーリングしたり、
シンプルなおうちに、上品で大胆なアクセントが仕上がりました。

玄関外に照明が設置され、
いよいよ「家」感が増しています。
今回はToldbodというブラケットをご採用いただきました。

ここからは最後の仕上げ、そして外構工事が始まります。
個人的にとても楽しみにしているレンガの小道。
そのお目見えまであと数週間です☆

naka


カテゴリ: 宮司の家, 建築現場から | Comments (0)

2018/10/11

荒江の家、棟が上がりました

秋は台風に悩まされますね。
週末の予定を繰り延べて、
昨日、早良区荒江で棟が上がりました。

今回は比較的狭小地のため、
2階リビングで計画しています。
近隣の建物との位置関係も意識しながら、
限られた範囲で建物を配置し、
日当たりや視線の抜けを考慮しながら、
窓を配していきました。

施主のHさんには、
午前も午後も、きめ細やかなご配慮をいただき・・・
とても感謝しております。
ありがとうございました!

ここから、壁を張り、窓が入り、断熱が入り・・・
順を追って、家が建ちあがっていきます☆

naka


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 建築現場から, 荒江の家 | Comments (0)

1 / 531234567...Last »
カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ