• facebook
  • instagram

北欧家具・インテリア・北欧雑貨 スタッフブログ

Category : 北欧家具・インテリア・北欧雑貨

2019/10/07

「外部ブラインド」って?

10月になっても、まだ半袖。
これから冬に向かい、お日様との付き合い方が
少しずつ変化していく季節ですね。

今日はひとつ商品をご紹介したいと思います。

大きな窓は部屋を広く見せてくれたり、明かるくしてくれたり、
その窓辺をディスプレイする場となってくれたり、
多くの方が好まれるところ。

窓は見た目だけでなく、光とともに熱も取り入れています。
わかりやすいのが、冬場の日向ぼっこ。
そして、ジリジリとして遮りたくなる夏の日差し。
そのため、深い軒やよしず、グリーンカーテンは
強すぎる太陽と付き合うにはとても効果的です。

日よけの新しい選択肢に「外部ブラインド」があります。
これはドイツのブラインドヴァレーマ

室内から見ても、
スラットによって風景を和らげてくれるため、
外とのつながりがダイレクト過ぎず、
程よい安心感を与えてくれます。

窓の外側で熱をカットすることができ、
Low-Eペアガラス以上の効果をもたらします。
導入前の夏よりも、消費電力量は確実に減りました。
冬場は、温かい日差しを存分に取り込んで、暖房いらずになります☆

気候がどんどん厳しくなる今日、
トリプルガラスを標準化させていく一方で、
太陽の熱をうまく取り入れていかない手はありません。
断熱への意識改革とともに、
ゼロエネルギーハウス、サーキュラーエコノミーへと、
進んでいかねばなりませんね。

naka


カテゴリ: Husetのエコ, 北欧住宅(注文住宅), 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 柏原の家 | Comments (0)

2019/07/29

撮影に @太宰府リノベ

今年の春に完成した「太宰府リノベ」の撮影にお伺いしました。

いつも明るくて笑顔が満開のWさんご家族。
数か月ぶりにお会いしたのですが、
まるで友人の家に遊びに行ったときのような
ホッとする再会でした。

ご夫婦のセンスも然ることながら、
リノベ前からアイディアを蓄積されていましたので、
できあがったお住まいの雰囲気は抜群です。

バックヤードさえも愛おしく。

こだわりの家の完成写真は、また後日改めてご紹介いたします。
お楽しみに☆

naka


カテゴリ: リノベーション, 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 大宰府マンションリノベ | Comments (0)

2019/07/12

定期点検に。

半年前にお引渡しをした、
福津市の宮司の家に点検にお伺いしてきました。

今回はまだ半年ということで、
基本的なその他のメンテナンス方法や、
今後の点検の流れなどをご説明させていただきました。

整理された家具や雑貨、
きちんとソープがけ済みのフローリング、
そして、自然体なご夫婦の姿がとてもかっこよくて、
思わず写真を撮らせていただきました。

「快適です」というお言葉や、
楽しそうに過ごしておられる様子は、
わたしたちにとって何よりも嬉しい瞬間です。

naka


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 宮司の家 | Comments (0)

2019/06/26

「雁ノ巣の家」の1年後

先週、1年点検で「雁ノ巣の家」を訪問いたしました。

目立った問題点は特になく、
久しぶりの話に花を咲かせる時間の方が長くなりました(笑)
そして外観の写真を撮り忘れました・・・。

庭のカツラの木が育ち、赤ちゃんが生まれ、
1年前とは少しだけ風景が変わりました。
北欧の家のように、
窓辺を飾りたいというご希望からつくった印象的な窓辺も、
キャンドルやメダカたちでほっこりします。

編みかけのペーパーコードのスツールも、
雰囲気があってとても素敵です。

また、対面式ではないキッチンは、
ダイニングからの連続性がありつつ、
生活感要素がちょっと脇に隠れてくれて、
窓を介して庭ともつながり、
小さいお子さんがいるご家庭にも、
ぜひおすすめしたい間取りです!

ご入居者さんは皆さん、
何も変わっていませんけど・・・と言われますが、
何もなかったハコに人が入った生活感そのものが、おうちの魅力なんですよ☆
こんな風に過ごしておられるんだなという空気が伝わるたびに、
「家が好き」と感じていただける仲間を
少しずつ増やしていきたいと思っています。

naka


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 雁の巣の家 | Comments (0)

2019/06/01

DENMARK 2019-2 privte housesとhygge

デンマーク研修のいちばん楽しみにしているのが、
個人の方のおうちを見せていただくことです。
デンマーク住宅のリアルを感じ、
そして皆さんにもお伝えしたいと思っています。

■24歳 大学生の家

約80㎡の古いマンションを購入してリノベーションし、
今はルームメイトとシェアしながら暮らしているという部屋。
デンマークではご両親が連帯保証人になれば学生でも住宅ローンを組める仕組みがあるそうです。
不動産の資産価値が下がらないため、
貯蓄の一環として家を購入することも普通なのでしょう。

建築を勉強されていることもあり、
部屋はとてもハイセンス。
部屋づくりはスタイルではなく、色や形だと考えているので
多色使いにもかかわらず統一されたカラーコーディネートが
お手本のように素敵でした。

太陽の光が入ることをとても大切にし、
部屋を構成するのが物だけはなく空間全体である、と考えているそうで、
物は本当に少なく、とくに家電が見当たりません。
日本に友人がいるそうで、
折り紙をベースにオーナメントを造ってあったり、
若い方ならではの、インテリアの楽しみ方がちりばめられていました。

家族や友人と過ごす時間、自分を表現したり趣味に費やす時間、
静かにのんびりと迎える休日の朝、など、
お話をするととてもフランクに、
そして24歳とは思えないほど
しっかりと自分の価値観を持っていました。

■60代 エンジニアの方の家

デンマークでは、きちんと維持された建物は価値が上がっていくことは前述しましたが、
この家は、購入当時から37年間で10倍にもなっているそうです!
少し増築をしたこと、リフォームしたこと、それらも重なります。

お子さんはもう巣立っていますが比較的近くに暮らしておられ、
わたしたちのために、今日は集まってくれました。

老後もずっと、ここで暮らしたいとのこと。
ご近所さんも古くから知り合いで、
お正月やクリスマス、その他ときどき集まってホームパーティをしたり、
そんな日々を大切にしていきたいという思いからです。

家族や友人が集まるこの時間こそがhygge。
共働きの社会になってから、自然と男性も家事をするようになり、
いつも当たり前のように、
ご主人が料理を振舞ってくれている気がします。
家族をベースにした国だからこそ、
家族を中心にした時間の使い方が社会の中で共有でき、
当たり前のことが当たり前にできるのかもしれません。

この日帰省してくれた息子さんたちは30代、20代でしたが、
大学で自分が勉強していること、仕事で専門としていること、
それが世の中にどう生かしていけるのかなど、
本当に明確な目的意識を持たれていました。
前日にわたしたちが見てきたこと、感じたこと、
それについてのディスカッションができるのです。
嫌味なく、ひけらかすでもなく、自分の立場で意見が言えるのです。

■60代、エンジニアの方の家

1958年に建てられた家は、当時は118㎡と日本の家と変わらないサイズだったそうです。
ここに来る前に住んでいた家は、庭が広くて管理が大変になり、
引越しを決意されたとのこと。
増築して166㎡と広くし、ロフトや地下などの収納庫をサイズアップさせ、
天井にも30㎝の断熱を施し、ロフトも快適に過ごせると言います。

この日の最後の訪問だったこともあり、
夕方からワインを開けて、家のこと、わたしたちのこと、犬のこと、
他愛もない話ですが、皆が楽しくゆっくりと過ごしました。
しばらくして「これがhyggeよ」と。

なんだかとても気持ちいのです。
何もしていないし、何もがんばらず、
接待だ来訪だという「棲み分け」もなく、
フラットに時間を共有して「楽しかったね」という感じ。

■hyggeって

もしかしたら人見知りの方もいらっしゃるでしょう。
外国の方だから、言葉も全部が伝わるわけではないから、
程よい距離感が生まれたのかもしれません。
でも、どの家の方もとても親切で、温かく、
この時間を一緒に楽しまれているのかな、と思えて
こちらもうれしくなるのです。

hyggeっていいでしょ?

この笑顔がいつまでも心に残ります。

2019.5.30
naka


カテゴリ: デンマーク, 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 旅行記 | Comments (0)

1 / 251...Last »
カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ