• Twitter
  • facebook
  • Clip Evernote

北欧家具・インテリア・北欧雑貨 スタッフブログ

Category : 北欧家具・インテリア・北欧雑貨

2018/06/15

雁ノ巣の家 完成しました

翌週にお引越しを控えた6/9、10の週末は、
東区雁ノ巣の家のオープンハウスでした。

今回はインテリア展示販売も同時開催でしたので、
家に興味のある方、雑貨をご覧になりたい方など、
多数ご参加いただきました!
ありがとうございます!!

雁ノ巣の家は29坪の3LDKと、とてもコンパクトです。
それでいて、各部屋の窮屈さは感じず、
収納も各所にたっぷりと確保しました。

今回みんなのお気に入りとなった家事動線。
キッチンと洗面所をつないでいるのですが、
そこがパントリーを兼ねた家事室になっています。

玄関も贅沢に取りました。
家具や植物、照明を置いてインテリアを楽しめる広さです。

そして、2階の寝室には秘密の窓☆
リビングの吹き抜けとつながっています。

吹抜けのアクセントとなるホワイトオークのルーバーは、
2階との空気をつなぐ大切な役割を果たしています。

これから先、少しずつ自分たちらしいものを加え、
家族の歴史を刻む家として、
Husetは、ひとつひとつの家を送り出しています。

自分たちに必要な広さを吟味します。
不自由なく、そして広さを感じられる工夫をします。
それは、部屋の広さという数字にとらわれることなく、
本当に大切なものを選んでいくために。

この29坪に詰まっている、たくさんの思いとメッセージ!
毎年魅力たっぷりに染まっていく様を、
これからもずっと見守りたいと思っています。

雁ノ巣の家、いってらっしゃい!!

naka


カテゴリ: デンマーク, 北欧住宅(注文住宅), 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 雁の巣の家 | Comments (0)

2018/05/10

硬派なルーバー

見えるようで見えない。
オークのルーバー。
でも、見えたときのその圧倒的な存在感は、
間仕切りなどに多用されるそれとは一線を画したい。

インテリアの一環として
ルーバーを採用するスタイルはよく見かけますが、
雁の巣の家のルーバーは、とても硬派なのです。

naka


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 雁の巣の家 | Comments (0)

2018/03/19

ずっと眺めていたい場所

まだ写真ではうまくお伝えすることができませんが、
雁の巣の家のいちばんテンションが上がる場所が、
少しカタチになってきました。

お施主さんが5本の指に入るくらいこだわったものが
先週デンマークから届きました。
たとえ同じ性能や形だったとしても、
アルミや樹脂では絶対に出せない雰囲気を持っている木製の窓。

もしわたしがこの家の主だったら、
リビングには大きなソファの代わりに、
お気に入りの一人掛けの椅子とサイドテーブル、
窓辺に植物やキャンドルを置いて、
ミルクたっぷりのコーヒーをお供に本を読みたい(笑)

断熱工事と並行して、
スカンジナビアフローリングの施工も始まりました。
まだ全然できあがっていないけれど、
もう十分にいい気分になれる空間です。

naka


カテゴリ: デンマーク, 北欧住宅(注文住宅), 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 建築現場から, 雁の巣の家 | Comments (0)

2018/01/10

2018年 新春のご挨拶

あけましておめでとうございます。
2018年が始まり、Husetは8期目に入りました。
心を新たに、今年のスタートを切りたい、そんな思いです。

今日は朝から雪が降ったりあられが降ったり、
山を見れば雪景色。
毎年この時期になると、
福岡でも雪が積もるほどの寒い日があります。

福岡市南区の「柏原の家」では、
夜間のみ、20℃でエアコンを稼働しています。
今日もいつもと変わらず朝8時に暖房を切りましたが、
午後になっても室温は20℃をキープ!

これまでもずっと、
断熱の重要性を謳い続けてきましたが、
こうして冬が来ると特に、
その快適さと省エネの効果をひしひしと感じます。

家づくりは、
どなたにとってもとても大きなご決断のイベント。
やりたいこと、理想、たくさんたくさんありますが、
「暮らす」「生きる」ことのベースとなる家に、
最初に備えるべきもの、本質を、
しっかりじっくり、考え、お伝えしていきたいと思います。

Husetなりのサステナブル住宅、
2018年は、またひとつ前に進めていきたいと思います。

今年もどうぞよろしくお願いします!

naka


カテゴリ: Husetのエコ, 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 柏原の家 | Comments (0)

2017/12/28

沼新町の家、お引渡しでした

2017年の締めくくりは、沼新町の家のお引渡しになりました。

「こんな形のおうちにしたい」という
外観とキッチン、2枚のイメージ写真から始まった家づくりは、
思い返せばいつも、
枝葉に捉われすぎず、完成させたい樹形へと向かって、
常にお打合せを進めて来られたように思います。

4か月待って届いたデンマークの窓も、
オークのフローリングも、
ひとつひとつがとても絵になります。

自分で言うのもなんですが、
ちょっとお施主さんがうらやましく思えるくらい、
かわいいおうちが完成しました!

土地探しから始まった家づくりは、
完成してしまうとあっという間でしたが、
お引越しして、1年たって、2年たって、
このおうちが好き、と言っていただける日を楽しみに、
Yさんを送り出したいと思います。

Yさん、ありがとうございました。
このかわいいおうちを、どうぞよろしくお願いします☆

Huset、naka、hori、sakita


カテゴリ: デンマーク, 北欧住宅(注文住宅), 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 建築現場から, 沼新町の家 | Comments (0)

1 / 211234567...Last »
カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ