一枚の絵の様に佇む家。

デンマークでは、以前にその家に住んでいた人のことを、その人たちが育てた箇所を、縁あって住むようになったその家のことを、ひとつの物語のように語り継いでいきます。

家族といると幸せ。家族に残る幸せ。
そんな言葉を素直に口にできる空気が、そこにあります。
そこで暮らす家族が、そこに集まる人たちが、屈託のない笑顔で過ごしているから、いくつになっても帰って来たいと思える場所になります。心身ともに充電され、家族との時間を大切だという言葉が自然と発せられ、その家を大切にしていく歴史が、また次に住まう人にも引き継がれます。

何年たってもその街並みの中でてらうことなく、風景の一部になりながら、ファインダー越しに写るその家が、
一枚の絵のようにそこに佇んでいることを願います。

自然素材を選ぶ