• facebook
  • instagram

スタッフブログ

2019/07/22

お庭のバージョンアップ その①

白い外壁にネイビーの玄関ドアが印象的な、
北九州市の「沼新町の家」はご入居から1年半がたちました。
そして今年、お庭のバージョンアップの工事が始まりました!

プライバシーの守られる南側の庭に、
テラスを造り、倉庫を設置します。
道路に面するエントランス側からの動線も、
かわいく演出していく予定です。

実際に新しく完成した家に住んでみて、
リビングから外を眺め、
自分たちの日々の動きを認識し、
敷地の使い方をリアルにイメージできるようになると、
当初思い描いていたのとは違う、庭のデザインにたどり着くことがあります。

新築時のご予算の都合や、
植栽の時期がきっかけになることもありますが、
暮らしと共に、庭を考えてみることもオススメです!

naka


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 庭づくり, 建築現場から, 沼新町の家 | Comments (0)

2019/07/12

定期点検に。

半年前にお引渡しをした、
福津市の宮司の家に点検にお伺いしてきました。

今回はまだ半年ということで、
基本的なその他のメンテナンス方法や、
今後の点検の流れなどをご説明させていただきました。

整理された家具や雑貨、
きちんとソープがけ済みのフローリング、
そして、自然体なご夫婦の姿がとてもかっこよくて、
思わず写真を撮らせていただきました。

「快適です」というお言葉や、
楽しそうに過ごしておられる様子は、
わたしたちにとって何よりも嬉しい瞬間です。

naka


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 宮司の家 | Comments (0)

2019/07/04

エムズデザインさんとのパワーミーティング

埼玉県所沢市からエムズデザインのスタッフさんが、
はるばる弊社まで、パワーミーティングの旅をご計画くださいました。

きっとどの組織でも、それぞれの分野で、
大切にし、こだわり、必死になってがんばっていることがあります。
そして円滑に仕事が流れていくよう、
各々、思いやりをもってコミュニケーションを取ろうという努力をしているはずなのです。
でもどうしても、それでも足りず、問題は起こる・・・。

ミーティング後、さらに林さんとお話を重ねました。
きっと本当に必要な思いやりは、
頭で思いつく範囲にはなくて、
どこにあるんだろうという意識を持ち続ける中で、
ある日、答えに出会う瞬間が来るのではないかと。
じんわりと訪れるそれに気がつき始めたとき、
少しずつ景色が流れ始めるのではないか・・・。

その時間は、とても美しいなと思いました。
そしてそこに、わたしもたどり着きたいと思いました。

問題を解決しよう!と発想することは、
(会社の)ケガを治そう!とも言い換えられ、
止血、というキーワードにつながります。

しかし今回は、お互いの状況を、
良いところ、悪いところ、さらけ出して話し合うことにより、
少しずつヒントや光が見えてきました。

終わってみれば、これは「止血」ではなく「輸血」だったかも・・・。
結果、新しい命をお裾分けいただいた気がします。

エムズデザインさん、
たくさんの気づきを、本当にありがとうございました!

naka


カテゴリ: ひとりごと | Comments (0)

2019/06/26

「雁ノ巣の家」の1年後

先週、1年点検で「雁ノ巣の家」を訪問いたしました。

目立った問題点は特になく、
久しぶりの話に花を咲かせる時間の方が長くなりました(笑)
そして外観の写真を撮り忘れました・・・。

庭のカツラの木が育ち、赤ちゃんが生まれ、
1年前とは少しだけ風景が変わりました。
北欧の家のように、
窓辺を飾りたいというご希望からつくった印象的な窓辺も、
キャンドルやメダカたちでほっこりします。

編みかけのペーパーコードのスツールも、
雰囲気があってとても素敵です。

また、対面式ではないキッチンは、
ダイニングからの連続性がありつつ、
生活感要素がちょっと脇に隠れてくれて、
窓を介して庭ともつながり、
小さいお子さんがいるご家庭にも、
ぜひおすすめしたい間取りです!

ご入居者さんは皆さん、
何も変わっていませんけど・・・と言われますが、
何もなかったハコに人が入った生活感そのものが、おうちの魅力なんですよ☆
こんな風に過ごしておられるんだなという空気が伝わるたびに、
「家が好き」と感じていただける仲間を
少しずつ増やしていきたいと思っています。

naka


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 雁の巣の家 | Comments (0)

2019/06/21

外張り断熱工事

直方の家で断熱工事が進んでいます。
ロックウールで包まれた家は重厚で、
家を守ってくれている感じがビンビン伝わってきます。

暑い日には涼しそうに、
寒い日には温かそうに見える、不思議な感覚。

実際この時期、現場室内は外部より少しひんやりとし、
外の蒸し暑さから、ほんの少し開放されます。
誰に言うわけでもありませんが、
このアルセコ外張り断熱システムをご採用いただいた家に、
誇りと優越感を覚える瞬間でもあります。

先日訪れた北欧では、
どこに行っても当たり前のような断熱仕様が、
ここ日本でも、ひとりでも多くの方にご体感いただけることを
願ってやみません。

naka


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 建築現場から, 直方の家 | Comments (0)

2 / 139« Top...2...Last »
カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ