• facebook
  • instagram

スタッフブログ

2019/06/03

DENMARK 2019-3 SDGs

2015年の国連サミットで採択された
「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された国際目標「SDGs」
日本でも取り組みが始まっています。

SDGs
Sustainable Development Goals

持続可能な世界を実現するため、
世界レベルでの2030年までに達成すべき
17の国際目標(ゴール)です。
これは、わたしたちの未来のために掲げられた指標なので、
企業規模だけではなく、個々も取り組むべきことです。

昨年、COP24でスウェーデンの15歳の少女Greta Thunbergがスピーチをしました。
それは、自分たち、そして未来を奪う大人たちへの痛烈なメッセージです。
彼女の活動をきっかけに、世界100各国以上で
「Fridays for Future(未来のための金曜日)」
というストライキが起こり、100万人以上が参加しているそうです。

というのも、
気温上昇を1.5度未満に抑えるには
2030年までに温室効果ガスの排出量を半減させる必要があり、
それを超えたら、世界は深刻な脅威にさらされる、ということがわかったからです。
わたしたちが背負う問題は大きく、
他人事として放ってはおけないことなのです。

大きなテーマになると
どうしても他人事のようになってしまいがちですが、
実は、地球のために何かしたい人はたくさん眠っていて、
きっかけを待っているだけなのかもしれません。

今回デンマークで訪問するいくつかの組織で伺った話は、
すべてそのSDGsがベースになっていました。

ちなみにSDGsの達成状況は、
例年北欧諸国が上位を占め、日本は15位。
日本は教育や衛生面ではポイントが高いのですが、
環境関連項目はまだまだ達成できていないというのが実情です。

実際、デンマークにきてお話を聞き、
新鮮に感じること、感心することが多いのは、
環境配慮が日本でまだ浸透していないことの現れでしょう。

2019.5.31
naka


カテゴリ: Husetのエコ, デンマーク, 旅行記

カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ