• Twitter
  • facebook
  • Clip Evernote

スタッフブログ

2011/03/24

壁、塗りはじめる

今日は壁塗りです。

今回選んだのは、
アルクロ社の「MILLTEX 5(ミルテックス5)」

有機溶剤をまったく使用しない、アレルギー対策にはもってこいの塗料。
ふたをあけても、塗りはじめても、
まったくにおいません。
例えるならば、絵の具で遊ぶときのような安心感。

1200色もある中、
少しグレイッシュなベージュの入った白を選びましたが、
塗ってみると、予想通り、・・・ふつうに白です。

まずはローラーの届かない隅々から、ハケで。

パテとの組み合わせがなんだかかわいかったので、1枚。

もうちょっとがんばれば、マリメッコか何かで出てきそうな気がして。

・・・だいぶ気のせいです。

どんどん塗ります!

naka


カテゴリ: リノベーション, 北欧住宅(注文住宅), 建築現場から | Comments (0)

2011/03/21

もみじちゃん

せっかくの週末なのに、お天気悪いですね。
nakaの雨の休日は、家でめこめこHPの素材づくりです。

先日いただいたもみじちゃんは、
事務所ができるまで我が家で待機中です。

そんなもみじちゃんの成長のご報告です。

よーく見ると、葉っぱが出てます。

いやいやほんとに、もみじでした。
小さい葉っぱが、かわいいかわいい。

寒さに負けるなー。

naka


カテゴリ: ひとりごと | Comments (0)

2011/03/18

壁、パテる。

少しずつですが、内部造作すすんでます。

古い家も、少しずつ手をいれていけば、
こうしてなんとかカタチになっていきます。

そう思うと、
なんとか残してあげようと思われる建物は、
誰かがいつか再生してくれるかもしれません。

家は、かんたんに壊れてはいけないし、壊してはいけない。

naka


カテゴリ: リノベーション, 北欧住宅(注文住宅), 建築現場から | Comments (0)

2011/03/14

Operation Tomodachi

地震の日本へ救援に向かう兵士に対するオバマ大統領の演説感動しましたね。感動のお裾わけです。
ちなみに、Operation Tomodachiは、今回の救援作戦名です。
私たちにできることは、些細なことかもしれませんが、できることからしたと思います!

以下。

おはよう、諸君。

後一時間足らずで、諸君ら140名は、

極東に向かって旅立ち、史上最強の敵と交戦する。

時を同じくして、世界各地の米兵たちも、

他の35隻の原子力空母で、

同様の救助に向かう行う手はずだ。

諸君がまもなく赴く戦いは、

人類史上最強の救出活動となるだろう。

そう、人類史上最強の・・・・

人類・・・・・

この言葉は、今日、我々全員にとって、

新たな意味を持つ。

地球に対する今回の暴虐行為に

少しでも意味があるのなら、

それは我々人類が共有するものの大きさに

気づかせてくれた、

という点につきるだろう。

今回の侵略は、

この惑星で共に生きるのがどういうことかを、

新たなる視点から見直させてくれた。

人間同士の無数の差異など瑣末事でしかないことを

痛感させ、

共通の利益というものの意味を実感させてくれた。

そしてさらに、歴史の方向を変え、

人間であることがどういうことか

をも定義し直してくれた。

今日このときより、

世界の諸民族と諸国家が

いかに深く相互に依存しあっているかを、

我々は決して忘れることがないだろう。

諸君は日本を愛し、

この日本を守り抜くために自らの才能と技術を差し出し、

命すら投げ出す覚悟を固めている。

諸君と共に戦列に立てることを、私は心から誇りに思う。

3月11日は日本の祝日だけではなく、

地球上のあらゆる国家が肩を組み、

こう叫ぶ日となるだろう。

”我々は決して従容と死を

      受け入れたりしない!

我々は生き続ける! 

       生き続けてみせる!”と。

その日こそ、我々は真の独立記念日を祝うのだ!

アメリカ軍作戦名はこうだ。

「Operation Tomodachi」


カテゴリ: ひとりごと | Comments (0)

2011/03/12

3月11日。Husetの初受注と、地震

Husetの初仕事は、ダイニングテーブルの製作でした。

白がコンセプトのリビングダイニングだったので、
新規購入の白い椅子に合わせて、ダイニングテーブルとベンチをつくりました。

天板とベンチはホワイトアッシュ、
脚はスチールの角パイプで、少しテクスチャのある塗装を施しています。

スケッチを交わしながらのイメージのやりとり。
新築当時が懐かしい、家具づくりとなりました。

3月11日、Husetにとっては記念すべき日でしたが、
東北ではM8.8の大地震が起きたとか。

地震だけでなく、津波や火災でも多くの方が被害に遭われていることをニュースで知り、
やりきれない気分です。
自然災害には、いつのときも人間の無力さを思い知らされます。

原発での炉心冷却装置トラブルによる放射能の心配や、
石油コンビナートの火災などを見ると、
「自然と共存する」というのは、
理想ではなく、リアルに迫った問題なんだと、痛感します。

どんなに小さな力でも、
自分たちにできることは、ひとつずつでもやらねばです。

東北地区が、一日も早く復旧することをお祈りします。

naka


カテゴリ: ひとりごと, 北欧家具・インテリア・北欧雑貨 | Comments (0)

カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ