• facebook
  • instagram

スタッフブログ

2019/10/23

断熱が気になる季節

朝晩が少し冷えるようになりました。
断熱をしっかり施したHusetの家は、
このくらいの時期はまったく問題ありません。

ここ最近の温度変化(晴れの日実例)では、
夕方の帰宅時 : 室温25℃、屋外20℃
0時頃 : 室温24.5℃、屋外18℃
翌朝7時 : 室温 23.8℃、屋外16℃

夜、ちょっと寒いね、なんてエアコンをつけることもなく、
朝起きても全く余裕です!
家電をもっと使われたり、ご家族の人数が多いおうちでは、
もっと室温の下がり具合は小さいでしょうね。

そんな中、宮司の家Ⅱでも
外張り断熱、室内の充填断熱の施工が続いています。

はるばるヨーロッパからやってくるロックウールは、
日本のロックウールとは違う、本当の岩が原材料の断熱材です。
そのため、断熱性だけでなく耐火性も高いため、
近隣への延焼、その逆で家事をもらうリスクも軽減することができます。

火災リスクを軽減し、将来的なメンテナンスも容易、
それらに対する先行投資でありながら、日々の快適さが保証される。
いろんな意味で、どこにいてもほっとできる家って最高です。

naka


カテゴリ: Husetのエコ, 北欧住宅(注文住宅), 宮司の家Ⅱ, 建築現場から

カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ