• Twitter
  • facebook
  • Clip Evernote

スタッフブログ

2018/09/28

外張り断熱工事

福津市の「宮司の家」では、外張り断熱工事が進んでいます。

Husetが採用する外張り断熱材は、
玄武岩を原料とするミネラルウール、本当のロックウールです。
何度見ても大好きな瞬間です。
石積みのようで触ると柔らかい。
強そうなのにすごく優しい。

家を高断熱化を選択すると、その分はイニシャルコストが上がります。
当然、温熱環境の改善、光熱費削減など、その効果を期待してのこと。
そしてこの断熱は、期待を裏切りません。

性能を期待するのはもちろんですが、
最終的に見えなくなる部分に、
このような素晴らしい材料が使われていると思うと、
出来上がるまでのプロセスを見るだけで、
さらにうれしさが倍増しますね。

巷には断熱に関するたくさんの資料が出回っています。
どれを見ても、断熱化に初期投資をすると、
将来的なランニングコストを相殺し、
また健康面にも良い影響を与え、
生涯コストとしては得をする。
つまり投資として断熱はした方がいい、というもの。

実際に高断熱の家に住んでみて思います。
「それほんと!」

これから少しずつ寒さが厳しくなりますが、
冬なんて怖くありません。
冷暖房はとても弱い運転で済みますし、
なによりも室温の上下変動が小さくなるため、
朝起きるのがツライとか、お風呂やトイレに行くのが寒いとか、
場所を移動するストレスがなくなります。
こうして無駄な体調不良がなくなれば、=医療費削減です。
また、我が家は分厚い掛け布団や毛布がいらなくなり、
クローゼットのダイエットにもなりました。

このような断熱の効果を期待しつつ、
宮司の家の1階は、
大きなワンルームとして計画しています☆

naka


カテゴリ: Husetのエコ, 北欧住宅(注文住宅), 宮司の家, 建築現場から

カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ