• facebook
  • instagram

大宰府マンションリノベ スタッフブログ

Category : 大宰府マンションリノベ

2019/04/02

太宰府マンションリノベ、お引渡し

初めてお会いしたのは2015年9月25日。
お付き合いの長さ分、語りたいことも山ほど・・・。

今回お選びになった太宰府のマンションは、
築13年とまだ新しく、リフォーム済み物件でした。

きれいだけど好みではないという、
最近多い「不動産あるある」状態でしたので、
使える部分は残しつつ全体をリニューアルする、
というリノベになりました。

完成はこんな感じに。

こだわったキッチンやドア、カラー、パーツなどが、
一機にWさんテイストに部屋を染めていきました。

当時のご記名簿に、わたしは、
「Sちゃん4か月、家探しはシルバーウイークに始めたばかり」
とメモを残していました。
あれから3年半、物件探しは難航し、
理想と現実の間で方向性を迷う期間が長く続きました。

昨年、そろそろ・・・とのご連絡をいただいたときは、
もしかしたらお別れかな、という思いがよぎったこともありました。
それでも、Wさんが幸せな道をお選びいただきたいと、
好きな人の巣立ちを見送るような切なさを胸に、
連絡をお待ちしたものでした。

長くなったお付き合い、そして懐いてくれたSちゃんとのお別れ、
3月30日のお引渡しは、
桜の季節も相まって、卒業の気分でした。
Wさん、ずっと温めてこられたマイホームへの思い、
存分にかなえていただけたでしょうか。
お引越しが落ち着いたら、
コーディネートを終えたご自宅を、ぜひ拝見させてくださいね。
本当にありがとうございました!

Huset naka


カテゴリ: リノベーション, 大宰府マンションリノベ, 建築現場から | Comments (0)

2019/03/23

キッチン×タイル その①

壁面にはこだわって探したタイルと、
即決に近いくらいのフィーリングで出会ったキッチン、
それらが入ると、場が一気に華やぎます!

太宰府マンションリノベのキッチンは、
わたしも大好きな框組の扉をご採用いただきました!

キッチンもタイルも、
シンプルなのに存在感、立体感があって、
少しカジュアルで、それなのにエレガント。
これがまた、タイルとのバランスも抜群なのです。

まだ現場作業の養生中で全体像をご覧いただけないのですが・・・、
完成写真を楽しみにお待ちください☆

naka


カテゴリ: リノベーション, 大宰府マンションリノベ, 建築現場から | Comments (0)

2019/03/12

それぞれの現場と判断の日々

太宰府マンションリノベは
来週の壁のペイントに先駆けて
下地クロス張りが、

三宅マンションリノベでは、
床下地の工事が終わり、壁組みが始まりました。

気忙しい3月。
お施主さんは、
お引越しのこと、お子様のご進級準備、
新しい家財や家電のお買い物のこと、
工事のこと以外にも
考えることがたくさんおありかと思います。

ただでさえ大変なこの時期に、
ちょこちょこと現場で気になったことなど、
確認のご連絡をさせていただくことがあるのですが、
そのたびに、ひとつずつご判断くださいますこと、
心から感謝しております。

naka


カテゴリ: リノベーション, 三宅マンションリノベ, 大宰府マンションリノベ, 建築現場から | Comments (0)

2019/02/22

床の工事 パイン材

太宰府のマンションに、
ボルドーパインのフローリングを張っています。

今回は、ホワイトのオイルを塗ることで、
パイン独特の赤みや節の主張を和らげています。

パインは、節の存在感などからお好みが分かれる材種ですが、
材の柔らかさは、足で踏み、座り込んだりしたときに
ダイレクトにソフトさを感じさせます。
また、傷はつきやすいとはいえ
ちっとも古びた感じにもなりません。
幅広なのでダイナミックなラインを出すことも可能で、
わたしは、とてもコスパの良い優秀な材だと思います。

なかなかいい雰囲気になる予感です☆

naka


カテゴリ: リノベーション, 大宰府マンションリノベ, 建築現場から | Comments (0)

2019/02/07

太宰府マンションリノベが始まりました

春に向けて、リノベーションプロジェクトが動いています。
太宰府市でも、マンションリノベが始まりました。

新築、戸建リノベ、なによりも物件がない。
そんな悩ましい、長い月日を共にしたWさんの家づくりが、
いよいよ始まったか・・・と感慨深いものがあります。

Wさんはキッチンや建具などの内装はもちろん、
全体イメージのためにご自身で模型も作成されており、
もう・・・頭が下がる思いです。

そして今日は、
Husetの8周年記念の日でもありました。

9期目に突入し、一歩ずつではありますが、
8年という月日が流れたこと、
また、時間と共に基準やトレンドも移り変わるということを、
ひしひしと感じています。

昨日は、神戸に出向き、
全国各地から集まった同志と、
グループとして社会に貢献できること、発信すべきこと、
熱く語り合ってきました。

Husetはこれからも世界を、地球を、
わたしたちが生きていくうえで本当に大切なことを、
しっかりと見据えながら
新築、リノベ、街づくりを続けていきたいと思います!

naka


カテゴリ: リノベーション, 大宰府マンションリノベ, 建築現場から | Comments (0)

1 / 11
カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ