• Twitter
  • facebook
  • Clip Evernote

宮司の家 スタッフブログ

Category : 宮司の家

2018/12/07

宮司の家のお引渡し

福津市宮司の家が完成し、
11月の晴れの日曜日、お引渡しをさせていただきました。

ふとした閃きから、一気に方向が定まり、
走り出した「宮地の家」プロジェクト。

今回はコンパクトな家をより広く感じさせるため、
1階をほぼワンルームに見立てて、
中央の階段を空間のアクセントに、
玄関、廊下、水回りまでのつながりをLDKに取り込むような、
大胆な間取りでした。

日中、窓からの明るさが室内につくる
自然な陰影がふっと目が留まり・・・。
家と共に暮らすというのは、
たくさんの素敵な瞬間との出会いの連続でありたいものです。

どこまで行っても、何回やっても、
成長の糧というのは必ずあり、
出会いの数だけ教えがあります。

宮司の家のTさんとの出会いも思い返せば2年前。
若いご夫婦との初回面談から始まった土地探し。
探して検討して断念してを何往復もした1年間。
そして何度もお越しいただいたオープンハウス。
完成まで、ずっとずっと、わたしたちを信じて頼ってくださって、
本当にありがとうございました。
たくさんの気づきを、ありがとうございました。
Tさんのおかげで、またひとつ大きくなれた気がします。

新しい家で、TさんらしいHyggeをたくさん感じてくださいね。
これからもよろしくお願いします。

Huset naka,hori


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 宮司の家, 建築現場から | Comments (0)

2018/11/02

仕上げが進んでいます

投稿が少し滞ってしまいました・・・。

その間、福津市の「宮司の家」では、
セルフペイント、ハウスクリーニングと、
着々と完成に向けて現場が進みました。

もちろん養生から。
朝日を浴びながら窓をマスキングする後ろ姿、
デンマークの木製サッシとおふたりのバランスが
絵になるな~!と思いながら思わずパチリ。

今回のセルフペイントは、シックなカラーが3色もあり、
アクセントだけでなく1室丸ごとカラーリングしたり、
シンプルなおうちに、上品で大胆なアクセントが仕上がりました。

玄関外に照明が設置され、
いよいよ「家」感が増しています。
今回はToldbodというブラケットをご採用いただきました。

ここからは最後の仕上げ、そして外構工事が始まります。
個人的にとても楽しみにしているレンガの小道。
そのお目見えまであと数週間です☆

naka


カテゴリ: 宮司の家, 建築現場から | Comments (0)

2018/09/28

外張り断熱工事

福津市の「宮司の家」では、外張り断熱工事が進んでいます。

Husetが採用する外張り断熱材は、
玄武岩を原料とするミネラルウール、本当のロックウールです。
何度見ても大好きな瞬間です。
石積みのようで触ると柔らかい。
強そうなのにすごく優しい。

家を高断熱化を選択すると、その分はイニシャルコストが上がります。
当然、温熱環境の改善、光熱費削減など、その効果を期待してのこと。
そしてこの断熱は、期待を裏切りません。

性能を期待するのはもちろんですが、
最終的に見えなくなる部分に、
このような素晴らしい材料が使われていると思うと、
出来上がるまでのプロセスを見るだけで、
さらにうれしさが倍増しますね。

巷には断熱に関するたくさんの資料が出回っています。
どれを見ても、断熱化に初期投資をすると、
将来的なランニングコストを相殺し、
また健康面にも良い影響を与え、
生涯コストとしては得をする。
つまり投資として断熱はした方がいい、というもの。

実際に高断熱の家に住んでみて思います。
「それほんと!」

これから少しずつ寒さが厳しくなりますが、
冬なんて怖くありません。
冷暖房はとても弱い運転で済みますし、
なによりも室温の上下変動が小さくなるため、
朝起きるのがツライとか、お風呂やトイレに行くのが寒いとか、
場所を移動するストレスがなくなります。
こうして無駄な体調不良がなくなれば、=医療費削減です。
また、我が家は分厚い掛け布団や毛布がいらなくなり、
クローゼットのダイエットにもなりました。

このような断熱の効果を期待しつつ、
宮司の家の1階は、
大きなワンルームとして計画しています☆

naka


カテゴリ: Husetのエコ, 北欧住宅(注文住宅), 宮司の家, 建築現場から | Comments (0)

2018/08/30

宮司の家の餅まき

宮司の家、餅まきしました!

チビッコたちが袋を持って駆け寄ってくる姿を見るといつも、
「やったー!来てくれてありがとー!」
と思います。
やはりたくさん集まっていただきたいですし、
でもそれは蓋を開けてみなければわからない。
だからいつもドキドキなのです。
今回も炎天下の中、本当によくお集まりいただいたと思います。
ご近所の皆さま、本当にありがとうございます。

餅まきのあとは現場で電気配線の打合せです。
こうして立体になった家の中で、
内外のつながり、高さや広がりへの期待感を膨らませ、
ワクワクしながらも現実問題を想像しつつ、
充実した打合せとなりました。

上棟、それは図面でのお打合せの間、
お施主さんと想像を膨らませながら考えた空間が
一気に現実味を増した瞬間です。
だからこそ、お施主さんが「わぁ!」と、
とってもストレートに喜んでくださる姿は、
どんな言葉よりも何よりもうれしいものです。

始まったばかりの現場、
この先に、また新しい空間との出会いが待っています☆

naka


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 宮司の家, 建築現場から | Comments (0)

2018/08/22

宮司の家の棟上げ

青空にクレーンがよく映えます。

福津市宮司の家も、無事に棟上げが終わりました。

すっくりと建ち上がる三角屋根。
遠くから見ても、あ、うちだ!と思えます。

4年前に初めてのHuset三角屋根を建てさせていただいた
「今宿東の家」の方からお聞きしたのですが、
子どもたちが自分の家を「三角の家!」と言っていたり、
とても小さいころから、デンマークのドア特有の操作を覚えていたり、
そういう姿を見ても、
三角の家にしてよかったー!と思えるのだそうです。

悪目立ちするわけではなく、
どこかシンボリックで、気になる存在。
どのおうちもそうあってほしいものです。

来週はデンマークから、木製窓が届きます。
そして、週末8/25には餅まきの予定です☆
ご近所の皆さん、ぜひお餅を拾いにいらしてくださいませ!!

naka


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 宮司の家, 建築現場から | Comments (0)

1 / 212
カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ