• facebook
  • instagram

 スタッフブログ

Monthly archive : 10月, 2019

2019/10/16

台風、餅まき、あのスピーチ

  このたび、台風19号により被害を受けられた皆さま、
  そして今なお、日常を取り戻せずにおられる方々に、
  心からお見舞い申し上げます。

九州は台風がそれたとはいえ、大変な強風でした。
そんな中、宮司の家Ⅱでは9月から予定していた餅まきを、
やるべきかどうかと、直前まで悩みましたが、
お祝いに駆けつけてくださったご近所の皆さまのためにも、
安全が確保できる範囲で、餅まきをさせていただきました。

たくさんの方に見守られ、
無事にこの日を迎えることができ、
少しずつ完成に向かう家を見て、
感動、感動の一日です。

福岡では、少し晴れ間さえ見えた同じ日に、
東日本ではたくさんの犠牲が出ていて・・・
心をどこに置いていいかわからなくなります。

もはや激甚災害は、日本中、世界中、毎年どこかで起こり、
数十年に一度、100年に一度などと言われる
大きな被害をもたらすようになりました。

思えば、
日々の天気予報でこんなに暑い日が多かったかな、
北海道ってこんなに気温高いことってあったのかな、
と、ぼんやりと過ぎる違和感は、
まぎれもなく気候変動の欠片であり、
明日は我が身に降りかかるかもしれない現実なのです。

スウェーデンのGreta Thunbergさんのスピーチ。
偏った意見、言葉が強すぎる、彼女が利用されている、
そんな声もたくさん目にしました。
環境も大事だけれども経済も安保も大事だと。

受け取るべきメッセージは、
そのうんちくを述べる自分に何ができるか、だと思うのです。
プラスチックごみを減らそうとか、
リサイクルできるものを選ぼうとか。
小さな心がけをたくさんの人が始めたら、小さな力は束になる!

無駄な電力を減らせる家を造ることも
そのひとつだと思っています。
若い世代がこれから先ずっと、
穏やかに幸せに生きていくために、
思考のベクトルを地球に向けるために立ち上がる勇気を、
Husetの家にこめています。

naka


カテゴリ: Husetのエコ, 北欧住宅(注文住宅), 宮司の家Ⅱ, 建築現場から | Comments (0)

2019/10/09

久しぶりのワークショップ開催

10月9日にフラワーアレンジメントのワークショップを開催しました。

講師はアトリエ一凜の ひぐち ともみ先生。

今回は秋の実物を使います!

秋にぴったりのステキなリースが完成しました…♪*゜

次回は12月11日(水)開催予定です。

クリスマスリースを作る予定です♫

ご希望の方は、ご連絡くださいませ!
お待ちしております♩


カテゴリ: イベント | Comments (0)

2019/10/07

「外部ブラインド」って?

10月になっても、まだ半袖。
これから冬に向かい、お日様との付き合い方が
少しずつ変化していく季節ですね。

今日はひとつ商品をご紹介したいと思います。

大きな窓は部屋を広く見せてくれたり、明かるくしてくれたり、
その窓辺をディスプレイする場となってくれたり、
多くの方が好まれるところ。

窓は見た目だけでなく、光とともに熱も取り入れています。
わかりやすいのが、冬場の日向ぼっこ。
そして、ジリジリとして遮りたくなる夏の日差し。
そのため、深い軒やよしず、グリーンカーテンは
強すぎる太陽と付き合うにはとても効果的です。

日よけの新しい選択肢に「外部ブラインド」があります。
これはドイツのブラインドヴァレーマ

室内から見ても、
スラットによって風景を和らげてくれるため、
外とのつながりがダイレクト過ぎず、
程よい安心感を与えてくれます。

窓の外側で熱をカットすることができ、
Low-Eペアガラス以上の効果をもたらします。
導入前の夏よりも、消費電力量は確実に減りました。
冬場は、温かい日差しを存分に取り込んで、暖房いらずになります☆

気候がどんどん厳しくなる今日、
トリプルガラスを標準化させていく一方で、
太陽の熱をうまく取り入れていかない手はありません。
断熱への意識改革とともに、
ゼロエネルギーハウス、サーキュラーエコノミーへと、
進んでいかねばなりませんね。

naka


カテゴリ: Husetのエコ, 北欧住宅(注文住宅), 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 柏原の家 | Comments (0)

2019/10/04

ネイビーの玄関ドア

デンマークから、玄関ドアが届きました。
美しいネイビーの扉です。

サイズも贅沢な大きさで、高さは240㎝もあります!
出入りするときの迫力、重量感、
住み始めてからは、この玄関ドアが写真に写りこんだときの、
背景の良さと言ったら(笑)

木製のドアは、やはり木なので、
少し動きがあったり季節や気候による微妙な動きを感じます。
今日はなんでかな?という風に落ち着いて
その変化を見守ってあげられるとき、
家とともに生きている感覚を覚えます。

naka


カテゴリ: デンマーク, 北欧住宅(注文住宅), 宮司の家Ⅱ, 建築現場から | Comments (0)

1 / 11
カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ