• facebook
  • instagram

 スタッフブログ

Monthly archive : 6月, 2019

2019/06/10

DIYと芝

久しぶりにお伺いした「久山の家」は、
GWのお休みを利用されて、
DIYでお庭がバージョンアップしていました!

★2018年に竣工した、黄色い外壁の久山の家

地面が芝の緑に変わったことで家の魅力がかなり増していて、
こちらまでうれしくなってしまいます!
家を大切にしていただいているとき、
また、こうしてアップグレードさせてくださっているとき、
もう感謝の気持ちしかありません。

そしてなにより、
そんなすてきな庭でご家族が自然体に動く姿が、
Hyggeに溢れていました。

ちなみに、芝は種から育てられたんだそうです。
品種にもよりますが、マットの芝よりも葉が色濃く、
地面をしっかりと感じるような、
これまでに経験したことのない気持ちよさがありました。

★赤い玄関に続く小道脇の草花も彩り豊か

また、夏には大きなプールで遊べるよう、
テラスの奥にセカンドテラスが新設されていました。
これもDIY!本当にすごい!!
プールのサイズは以前からお聞きしていますので、
きっと圧巻の風景が現れるのだと思います。
子供たちも楽しみで仕方がないことでしょう。

家にいることが楽しくなる、
自分の居場所がどんどん素敵になる、
家づくりは、やはり完成してからが始まりですね。

naka


カテゴリ: 久山の家, 北欧住宅(注文住宅), 庭づくり | Comments (0)

2019/06/07

三宅マンションリノベのお引渡し

共用部工事などの都合で、
途中、お休み期間を挟む必要があったため、
通常より少しだけ工期が長く必要でした。

冬にかけてお打合せを重ねていた三宅マンションリノベは、
現地で「暑いですね~」という会話を交わす時期に、完成しました。

Before kitchen

奥様こだわりのオーダーキッチンを中心に、
これまで住んでおられた家からの改善を図り、
住まいやすい家へと変身させています。

After kitchen

WICを新設し家全体での収納量を増やしまし、
窓は二重窓化しましたので、
お悩みだった寒さ対策も万全に整えました。
また、時間をかけてじっくりお悩みいただいたタイルも、
きれいにおさまりました。

ご自身の考えやリノベーション後のイメージを
しっかりとお持ちになり、
具体的にご判断される姿は、実に頼もしく、心強く、
わたしの至らない部分も大きく包み込んでくださり、
それがありがたくもあり、かえって切なくもあり、
Hさんは、また新しい角度から
わたしに成長の機会を与えてくださったお客さまでした。

Husetの住ま家づくりを気に入っていると言ってくださり、
わたしたちを信じてお仕事をご依頼くださった。
その思いにはただただ感謝するばかりです。

これからお引越しされて、暮らしが始まり、
今度は「この家が好き」と言ってくださるといいなと願っています。

Hさん、本当にありがとうございました。

Huset naka,hori


カテゴリ: リノベーション, 三宅マンションリノベ, 建築現場から | Comments (0)

2019/06/03

DENMARK 2019-3 SDGs

2015年の国連サミットで採択された
「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された国際目標「SDGs」
日本でも取り組みが始まっています。

SDGs
Sustainable Development Goals

持続可能な世界を実現するため、
世界レベルでの2030年までに達成すべき
17の国際目標(ゴール)です。
これは、わたしたちの未来のために掲げられた指標なので、
企業規模だけではなく、個々も取り組むべきことです。

昨年、COP24でスウェーデンの15歳の少女Greta Thunbergがスピーチをしました。
それは、自分たち、そして未来を奪う大人たちへの痛烈なメッセージです。
彼女の活動をきっかけに、世界100各国以上で
「Fridays for Future(未来のための金曜日)」
というストライキが起こり、100万人以上が参加しているそうです。

というのも、
気温上昇を1.5度未満に抑えるには
2030年までに温室効果ガスの排出量を半減させる必要があり、
それを超えたら、世界は深刻な脅威にさらされる、ということがわかったからです。
わたしたちが背負う問題は大きく、
他人事として放ってはおけないことなのです。

大きなテーマになると
どうしても他人事のようになってしまいがちですが、
実は、地球のために何かしたい人はたくさん眠っていて、
きっかけを待っているだけなのかもしれません。

今回デンマークで訪問するいくつかの組織で伺った話は、
すべてそのSDGsがベースになっていました。

ちなみにSDGsの達成状況は、
例年北欧諸国が上位を占め、日本は15位。
日本は教育や衛生面ではポイントが高いのですが、
環境関連項目はまだまだ達成できていないというのが実情です。

実際、デンマークにきてお話を聞き、
新鮮に感じること、感心することが多いのは、
環境配慮が日本でまだ浸透していないことの現れでしょう。

2019.5.31
naka


カテゴリ: Husetのエコ, デンマーク, 旅行記 | Comments (0)

2019/06/01

DENMARK 2019-2 privte housesとhygge

デンマーク研修のいちばん楽しみにしているのが、
個人の方のおうちを見せていただくことです。
デンマーク住宅のリアルを感じ、
そして皆さんにもお伝えしたいと思っています。

■24歳 大学生の家

約80㎡の古いマンションを購入してリノベーションし、
今はルームメイトとシェアしながら暮らしているという部屋。
デンマークではご両親が連帯保証人になれば学生でも住宅ローンを組める仕組みがあるそうです。
不動産の資産価値が下がらないため、
貯蓄の一環として家を購入することも普通なのでしょう。

建築を勉強されていることもあり、
部屋はとてもハイセンス。
部屋づくりはスタイルではなく、色や形だと考えているので
多色使いにもかかわらず統一されたカラーコーディネートが
お手本のように素敵でした。

太陽の光が入ることをとても大切にし、
部屋を構成するのが物だけはなく空間全体である、と考えているそうで、
物は本当に少なく、とくに家電が見当たりません。
日本に友人がいるそうで、
折り紙をベースにオーナメントを造ってあったり、
若い方ならではの、インテリアの楽しみ方がちりばめられていました。

家族や友人と過ごす時間、自分を表現したり趣味に費やす時間、
静かにのんびりと迎える休日の朝、など、
お話をするととてもフランクに、
そして24歳とは思えないほど
しっかりと自分の価値観を持っていました。

■60代 エンジニアの方の家

デンマークでは、きちんと維持された建物は価値が上がっていくことは前述しましたが、
この家は、購入当時から37年間で10倍にもなっているそうです!
少し増築をしたこと、リフォームしたこと、それらも重なります。

お子さんはもう巣立っていますが比較的近くに暮らしておられ、
わたしたちのために、今日は集まってくれました。

老後もずっと、ここで暮らしたいとのこと。
ご近所さんも古くから知り合いで、
お正月やクリスマス、その他ときどき集まってホームパーティをしたり、
そんな日々を大切にしていきたいという思いからです。

家族や友人が集まるこの時間こそがhygge。
共働きの社会になってから、自然と男性も家事をするようになり、
いつも当たり前のように、
ご主人が料理を振舞ってくれている気がします。
家族をベースにした国だからこそ、
家族を中心にした時間の使い方が社会の中で共有でき、
当たり前のことが当たり前にできるのかもしれません。

この日帰省してくれた息子さんたちは30代、20代でしたが、
大学で自分が勉強していること、仕事で専門としていること、
それが世の中にどう生かしていけるのかなど、
本当に明確な目的意識を持たれていました。
前日にわたしたちが見てきたこと、感じたこと、
それについてのディスカッションができるのです。
嫌味なく、ひけらかすでもなく、自分の立場で意見が言えるのです。

■60代、エンジニアの方の家

1958年に建てられた家は、当時は118㎡と日本の家と変わらないサイズだったそうです。
ここに来る前に住んでいた家は、庭が広くて管理が大変になり、
引越しを決意されたとのこと。
増築して166㎡と広くし、ロフトや地下などの収納庫をサイズアップさせ、
天井にも30㎝の断熱を施し、ロフトも快適に過ごせると言います。

この日の最後の訪問だったこともあり、
夕方からワインを開けて、家のこと、わたしたちのこと、犬のこと、
他愛もない話ですが、皆が楽しくゆっくりと過ごしました。
しばらくして「これがhyggeよ」と。

なんだかとても気持ちいのです。
何もしていないし、何もがんばらず、
接待だ来訪だという「棲み分け」もなく、
フラットに時間を共有して「楽しかったね」という感じ。

■hyggeって

もしかしたら人見知りの方もいらっしゃるでしょう。
外国の方だから、言葉も全部が伝わるわけではないから、
程よい距離感が生まれたのかもしれません。
でも、どの家の方もとても親切で、温かく、
この時間を一緒に楽しまれているのかな、と思えて
こちらもうれしくなるのです。

hyggeっていいでしょ?

この笑顔がいつまでも心に残ります。

2019.5.30
naka


カテゴリ: デンマーク, 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 旅行記 | Comments (0)

1 / 11
カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ