• facebook
  • instagram

 スタッフブログ

Monthly archive : 6月, 2019

2019/06/26

「雁ノ巣の家」の1年後

先週、1年点検で「雁ノ巣の家」を訪問いたしました。

目立った問題点は特になく、
久しぶりの話に花を咲かせる時間の方が長くなりました(笑)
そして外観の写真を撮り忘れました・・・。

庭のカツラの木が育ち、赤ちゃんが生まれ、
1年前とは少しだけ風景が変わりました。
北欧の家のように、
窓辺を飾りたいというご希望からつくった印象的な窓辺も、
キャンドルやメダカたちでほっこりします。

編みかけのペーパーコードのスツールも、
雰囲気があってとても素敵です。

また、対面式ではないキッチンは、
ダイニングからの連続性がありつつ、
生活感要素がちょっと脇に隠れてくれて、
窓を介して庭ともつながり、
小さいお子さんがいるご家庭にも、
ぜひおすすめしたい間取りです!

ご入居者さんは皆さん、
何も変わっていませんけど・・・と言われますが、
何もなかったハコに人が入った生活感そのものが、おうちの魅力なんですよ☆
こんな風に過ごしておられるんだなという空気が伝わるたびに、
「家が好き」と感じていただける仲間を
少しずつ増やしていきたいと思っています。

naka


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 雁の巣の家 | Comments (0)

2019/06/21

外張り断熱工事

直方の家で断熱工事が進んでいます。
ロックウールで包まれた家は重厚で、
家を守ってくれている感じがビンビン伝わってきます。

暑い日には涼しそうに、
寒い日には温かそうに見える、不思議な感覚。

実際この時期、現場室内は外部より少しひんやりとし、
外の蒸し暑さから、ほんの少し開放されます。
誰に言うわけでもありませんが、
このアルセコ外張り断熱システムをご採用いただいた家に、
誇りと優越感を覚える瞬間でもあります。

先日訪れた北欧では、
どこに行っても当たり前のような断熱仕様が、
ここ日本でも、ひとりでも多くの方にご体感いただけることを
願ってやみません。

naka


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 建築現場から, 直方の家 | Comments (0)

2019/06/17

DENMARK2019-4 KADKとSDGs

少し間が空きましたが、
デンマークでの研修の続編を書きたいと思います。

■デンマーク王立建築アカデミー
The Royal Danish Academy of Fine Arts Schools of Architecture

2014年以来、5年ぶりの訪問になりました。
懐かしくあり、また、相変わらず憧れの場所のひとつです。

本学校は今、
SDGsに沿った17科目で授業が行われているそうです。
掲示されていた学生の課題の数々も、
17科目のいずれかのテーマを持った論文になっているそうです。
プレゼンテーションのスタイル、手法、道具など、
日本のそれとは違う視点がたくさん見られました。

今回は、休日にも関わらず先生がお時間を取ってくださって、
都市計画についての研究の一部をお伺いしました。

ローカルから地球を考えること。
ピックアップされていたのは、3つの都市。
1つめは、高齢者過疎が進み、
風が強く、毎年少しずつ海岸が飲み込まれている
アガというデンマークの町。

2つめは、アフリカ大陸にあるモザンビーク。
多くの人が暮らすスラムのような環境の悪い住居には、
基礎がなく、全体がとても無秩序な町。

3つめは香川県にある本島。
わたしも今年の4月に訪問しました。
人口減少が進んでいまうが、自然と人間の共存が見られる美しい島です。

たとえ田舎であっても、そんな中にも役立つ文化は残っていて、
ものがあるところから再利用を考え、
どのようにSDGsを達成するか・・・
いろいろな世代や性別、所得を、
ミックスするコミュニティをつくることが大切なのだと、先生は言います。

つまり、建築の計画次第で、
コミュニティ、生活、その水準、経済は動きうる。
有名建築でなくても、小さなものであっても、
建築は世の中を動かす力を秘めているのだと。

壮大すぎるテーマのように感じていたSDGsも、
わたしのような小さな存在でも、
取り組めることがあるのではないかと、
キラリと光が見えた、貴重な時間になりました。

2019.5.31
naka


カテゴリ: Husetのエコ, デンマーク, 旅行記 | Comments (0)

2019/06/10

DIYと芝

久しぶりにお伺いした「久山の家」は、
GWのお休みを利用されて、
DIYでお庭がバージョンアップしていました!

★2018年に竣工した、黄色い外壁の久山の家

地面が芝の緑に変わったことで家の魅力がかなり増していて、
こちらまでうれしくなってしまいます!
家を大切にしていただいているとき、
また、こうしてアップグレードさせてくださっているとき、
もう感謝の気持ちしかありません。

そしてなにより、
そんなすてきな庭でご家族が自然体に動く姿が、
Hyggeに溢れていました。

ちなみに、芝は種から育てられたんだそうです。
品種にもよりますが、マットの芝よりも葉が色濃く、
地面をしっかりと感じるような、
これまでに経験したことのない気持ちよさがありました。

★赤い玄関に続く小道脇の草花も彩り豊か

また、夏には大きなプールで遊べるよう、
テラスの奥にセカンドテラスが新設されていました。
これもDIY!本当にすごい!!
プールのサイズは以前からお聞きしていますので、
きっと圧巻の風景が現れるのだと思います。
子供たちも楽しみで仕方がないことでしょう。

家にいることが楽しくなる、
自分の居場所がどんどん素敵になる、
家づくりは、やはり完成してからが始まりですね。

naka


カテゴリ: 久山の家, 北欧住宅(注文住宅), 庭づくり | Comments (0)

2019/06/07

三宅マンションリノベのお引渡し

共用部工事などの都合で、
途中、お休み期間を挟む必要があったため、
通常より少しだけ工期が長く必要でした。

冬にかけてお打合せを重ねていた三宅マンションリノベは、
現地で「暑いですね~」という会話を交わす時期に、完成しました。

Before kitchen

奥様こだわりのオーダーキッチンを中心に、
これまで住んでおられた家からの改善を図り、
住まいやすい家へと変身させています。

After kitchen

WICを新設し家全体での収納量を増やしまし、
窓は二重窓化しましたので、
お悩みだった寒さ対策も万全に整えました。
また、時間をかけてじっくりお悩みいただいたタイルも、
きれいにおさまりました。

ご自身の考えやリノベーション後のイメージを
しっかりとお持ちになり、
具体的にご判断される姿は、実に頼もしく、心強く、
わたしの至らない部分も大きく包み込んでくださり、
それがありがたくもあり、かえって切なくもあり、
Hさんは、また新しい角度から
わたしに成長の機会を与えてくださったお客さまでした。

Husetの住ま家づくりを気に入っていると言ってくださり、
わたしたちを信じてお仕事をご依頼くださった。
その思いにはただただ感謝するばかりです。

これからお引越しされて、暮らしが始まり、
今度は「この家が好き」と言ってくださるといいなと願っています。

Hさん、本当にありがとうございました。

Huset naka,hori


カテゴリ: リノベーション, 三宅マンションリノベ, 建築現場から | Comments (0)

1 / 21...Last »
カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ