• Twitter
  • facebook
  • Clip Evernote

 スタッフブログ

Monthly archive : 12月, 2018

2018/12/13

荒江の家、ペイントしました

今月末にオープンハウスを控えた「荒江の家」で
セルフペイントを行いました。

とてもとても寒い日でしたが、
動いている間はそんなことも忘れてしまうくらい。
そして断熱が効いていて、まだ無暖房、入居前の現場でさえ、
2階は特に、寒さが和らぎます。
お引渡し前に、少しほっとするひとときでもあります。

今回、2日間、年長さんの息子さんもがんばってくれました。
時には自分の部屋を塗り、また時にはみんなの照明係になり。
退屈したら庭で木工☆ がんばりました!

2日間、本当に本当に寒い日でしたので、
お施主さんにご準備いただいたスープは
本当に芯から温まり、心もホッとしました。
ありがとうございました。ごちそうさまでした^^

おうちが完成してからもきっと、
こうしてやさしい食卓を囲むご家族なんだなと、
ほっこりした時間をお裾分けいただきました。

そんなHyggeな「荒江の家」は、
お施主様のご厚意により、
12/22、23にオープンハウスを開催させていただきます。
ご興味のある方はぜひいらしてください!

naka


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 建築現場から, 荒江の家 | Comments (0)

2018/12/07

宮司の家のお引渡し

福津市宮司の家が完成し、
11月の晴れの日曜日、お引渡しをさせていただきました。

ふとした閃きから、一気に方向が定まり、
走り出した「宮地の家」プロジェクト。

今回はコンパクトな家をより広く感じさせるため、
1階をほぼワンルームに見立てて、
中央の階段を空間のアクセントに、
玄関、廊下、水回りまでのつながりをLDKに取り込むような、
大胆な間取りでした。

日中、窓からの明るさが室内につくる
自然な陰影がふっと目が留まり・・・。
家と共に暮らすというのは、
たくさんの素敵な瞬間との出会いの連続でありたいものです。

どこまで行っても、何回やっても、
成長の糧というのは必ずあり、
出会いの数だけ教えがあります。

宮司の家のTさんとの出会いも思い返せば2年前。
若いご夫婦との初回面談から始まった土地探し。
探して検討して断念してを何往復もした1年間。
そして何度もお越しいただいたオープンハウス。
完成まで、ずっとずっと、わたしたちを信じて頼ってくださって、
本当にありがとうございました。
たくさんの気づきを、ありがとうございました。
Tさんのおかげで、またひとつ大きくなれた気がします。

新しい家で、TさんらしいHyggeをたくさん感じてくださいね。
これからもよろしくお願いします。

Huset naka,hori


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 宮司の家, 建築現場から | Comments (0)

2018/12/02

絵や緑で育つ家

点検で久しぶりにお伺いした「昇町の家」に、
新しい仲間が増えていました。

玄関前にシンボリックに座る植栽。

生えているというより、
わたしには座っているように見えました。
話かけてくれるような、愛着のある存在感です。

廊下には、お子さんをモチーフにした絵が飾られていました。
すごく長いわけではないけれどせっかく歩く廊下に、
通る楽しみを感じさせてくれます。

何か絵を飾って・・・
ということを想定したブラケットの設置でしたので、
ほっこり温かい絵がこの空間を彩ってくれていることに、
新築計画中のイメージが、
何倍にもなって成功!と言ってくれているようでした★

naka


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 昇町の家 | Comments (0)

1 / 11
カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ