• Twitter
  • facebook
  • Clip Evernote

 スタッフブログ

Monthly archive : 9月, 2016

2016/09/26

ダグラスファー

柏原の家が完成し、家具が入り始めました。

今回採用したのはスカンジナビアフローリングのダグラスファー。
デンマークで出会ったとき、
その迫力と美しさに、言葉を失うようでした。

幅が30センチもある無垢材は、
優しくすべすべとした肌触りと繊細な木目を持ち、
日々の暮らしを上質なものへと誘ってくれます。

ka0926-1

空間ができると欲しくなるものもたくさんありますが、
そう簡単に変えることのできない壁や床に
本物の素材を取り入れることは、
お気に入りの家具や愛おしい家族とともに過ごす空間づくりに
欠かすことのできない準備のひとつ。

大切な自分のハコを得た実感は、
これから色を添えるインテリアという仲間さがしを慎重にさせ、
ゆっくりと時間をかけて自分らしさをつくりあげるベースになります。

床、家づくりの中で本当に大切な素材のひとつです。

naka


カテゴリ: デンマーク, 北欧住宅(注文住宅), 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 柏原の家 | Comments (0)

2016/09/21

まるい遊び心

女性には、けっこう好きな方も多いと思います。
丸いドア。

ji0921-1

その先に何かがありそうで、
そこをくぐると新しい自分がいそうで。

そんなことないんですけど、
ワクワクする仕掛け。

そういう遊び心、たまにはいいよね、と思う。

naka


カテゴリ: リノベーション, 地行リノベ, 建築現場から | Comments (0)

2016/09/14

柏原の家、完成間近

南区柏原の家が、もうすぐ完成です。

ka0914-1

窓から見える景色も、
足の裏が感じるダグラスも、
少しずつ柏原の家らしく時を重ね始めています。

naka


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 建築現場から, 柏原の家 | Comments (0)

2016/09/05

「昇町の家」のお引渡し

先週末はオープンハウスで盛況だった「昇町の家」も、
ついにお引渡しの日を迎えました。

ギリギリで完成して届いた表札を取り付けたら、
もうすっかりYさんちです!

no0905-1

思い返せば、プランを決めるまで、ずいぶんと時間がかかりました。
使い方、置くもの、将来への備え、外観のデザイン、などなど。
平面的なレイアウトだけではなく、
取り入れたい素材やアイテムもあったり、
もちろん家の性能もおろそかにしません!

no0905-2

共働きでお忙しい中、
ひとつずつ宿題をクリアしていただきながら、
こうしてたどり着いた、竣工の日。
この家は、隅々まで、ギリギリまでお悩みいただいた、
ご夫婦の純粋なお気持ちの結晶です。

no0905-3

家は、技術がどんなに進化していっても、やはり手作り。
一生懸命な思いに触れると、
つくり手は、わたしたちも職人さんも、
その気持ちに応えたいと胸を打たれますし、
お心遣いに「ありがとう」と感謝の気持ちがあふれます。
いつだって、業者とお客さんという垣根を越えた人付き合いの中に、
「優しい家」ができ上がっていく気がします。

「昇町の家」プロジェクトも、本当にとっても楽しかった!
Yさんとの出会いも、本当に大切なご縁となりました。
Husetを訪ねてきてくださって、本当にありがとうございました。

この家を楽しみながら、長く愛してくださることを祈っています。
ずっと続いていく家づくりの仲間として、
これからもどうぞよろしくお願いします。

Huset


カテゴリ: デンマーク, 北欧住宅(注文住宅), 建築現場から, 昇町の家 | Comments (0)

2016/09/01

リノベの悩み

リノベーションして
自分たちらしい暮らしを手に入れるため、
中古の物件を探しておられる方は大勢いらっしゃいます。

その物件探し、
内覧の段階でまだ売主さんが住んでおられるケースも
稀ではありません。

売主さんから直接お話を伺うことができたり、
どんな方がお住まいになっていたのか知ることができたり、
いい面もたくさんあります。

at0901-1

しかし、ずっとそこに住んでいた方と、新しく買う方と、
同じものを見るときの「許容範囲」の差によるアリかナシかは、
家具がなくなり、人がいなくなって、
ようやく見えてくる場合もあります。
そこに悪意はない、だからこそ買主さん側の胸が痛むのです。

もうすぐ始まろうとしているいくつかのリノベーションプロジェクト、
それぞれに、クリアしなければならない問題を抱え、
解決策を模索する日々が続いています。
悩みの尽きない時期ではありますが、
容易でないからこそ絞り出される知恵に遭遇したり、
節約ではない本質に気づくことができるとも思います。

お見積りの段階では妥協の連続に思えた要素も、
完成の日には「こんなふうにしてよかった!」と、
苦労を乗り越えて大好きになれた我が家に出会えるよう、
お施主さんと共に歩んでいけたらいいなと思う、
今日の現調なのでした。

naka


カテゴリ: ひとりごと, リノベーション | Comments (0)

1 / 11
カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ