• Twitter
  • facebook
  • Clip Evernote

 スタッフブログ

Monthly archive : 10月, 2014

2014/10/31

2014Denmark-8 幼稚園

【Solhuset】
エネルギーコンサル会社Ramboll設計の幼稚園、Solhusetを訪問しました。

太陽光を存分に活用する屋根形状で、
太陽熱温水パネル、太陽光パネル、自然光を取り入れるためのトップライト、緑化帯が、
最適な角度に設けられています。
しっかりとした断熱はもちろん、
太陽熱を利用した床暖房システムや熱交換換気といった
省エネルギー設計が行き届いています。

IMG_3994

エントランスを入ってすぐ飛び込んできたのは、
床に描かれた、食べ物は土にかえるというプロセス(炭素と酸素の循環)。

IMG_3981

園内の子供の撮影は禁止されていたために写真をお見せすることはできませんが、
本当に小さな、子供たちがいる幼稚園なんです。
その幼稚園のエントランスから、こうした教育が始まっていることに驚きました。

IMG_3984

テレビの周りに書かれている言葉も、ただのかわいいインテリアではなく、
「We save each other and environment」
雨と遊ぶ、水を守る、太陽は熱とエネルギーをくれる、
などなど環境に関する言葉ばかり。

IMG_3983

そして、額に入っているのは幼稚園の歌です。
ざーっくりわかる範囲で訳してみると、
 「太陽、風、土、水、月、星・・・
  自然と食べ物は仲良し
  花や木は、何かを学ぶもの
  太陽は屋根を温め、そしてわたしたちの体を温める」

と、ただの仲良しソングではなく、
自然と共に生きていくこと、みんな仲間だよ~と言っているようです。

今ほどエコについて関心が高くなかった時代に生きたオトナたちも、
小さいころから環境問題について教育を受ける子供を通して、
持続可能な社会について学んでいくんだそうです。

IMG_39951

わたしたちが生きている、今ここにある環境は、
将来の子供たちのものでもあります。
だからこそ教育は、
明るい未来を子供たちに贈るという最大のエコ活動だと思います。

こうした世界に触れると、
日本に浸透しているエコのひずみが、悲しく思えて仕方がありません。
自然エネルギーの導入は、
高い光熱費の軽減や、住宅ローン返済に充当する役に立つかもしれません。
確かにそれも一理あり、生活にとって重要なことですが、
原発問題がイヤ、異常気象がイヤと思うなら、
自分たちがどれほど環境問題に対して感覚が疎いかを
同じくらい知っていかねばならないのではないでしょうか。

今の生活の中で自分たちにできることは必ずあります。
決して無理をしなくてもできることが。

Husetは、エネルギー使わないことを選択し、
少しずつ、ひとつずつ、こうした問題に取り組んでいきたいと思います。

201/10/3 naka


カテゴリ: Husetのエコ, デンマーク, 旅行記 | Comments (0)

2014/10/30

2014Denmark-7  サステナビリティ

ひとえにサステナビリティと言っても、
それぞれの国や社会によって、重要となるポイントはことなります。
気候、経済、社会、環境・・・

今年は、デンマークのエネルギーコンサル会社を訪問し、
彼らのHead Office、そしてプロジェクトについてお話をお伺いしてきました。

【Ramboll】
Rambollは、1945年にコペンハーゲンで設立された会社で、
北欧を中心に、ビルや交通機関、環境、エネルギー施設など、
持続可能な建物のコンサルティングを行っている会社です。
デンマークでは、建築において意匠や構造設計と同じく重要なエネルギー設計についても、
計画の初期段階からコンサルティングが行われていることも多いそうです。
スタッフは世界20か国、200の事務所に1万人いて、
コペンハーゲンでは1600人が働いています。

2006年に建てられたRambollのHead Officeは、
外壁、そして室内の間仕切りもほぼすべてガラス張り、
そして中央の大きな吹抜け階段が特徴的です。

IMG_39341

これは、会社のEnergy Point=オープンコミュニケーションの場であり、
人が集まり、視覚的、感覚的に情報を共有する場でもあります。
吹抜けの手すりもバーカウンターの高さと合わせてあり、
どこにでも人が立ち止まり、話たりコーヒーを飲んだりするシーンが考えられています。

外壁はガラスのダブルスキン構造になっており、
夏は南側には外部ブラインドが日差しを遮ります。
防音効果も高く、外の音は全く気になりません。

そして驚きなのが、建物内に暖房設備やエアコンはなく、
熱交換式換気システムと、建物内に循環させている地下水によって、
夏は涼しく、冬は暖かく保たれているのです。
それによって、年間660tのCO2と、18,000KWの冷暖房費を削減しています。

IMG_39441

透明性とモチベーションの伝播を狙って、内部の間仕切り壁もガラスです。
自分の席は決まっておらず、
ミーティングルームもあちこちに設けられており、
気分によって好きな場所で作業ができるようになっています。

室内は、集中力が高まるようベースはニュートラルカラーで統一されていますが、
家具は80種類、70室の部屋は異なる家具でコーディネートされています。
足を運ぶ先々で少しずつスタイルの違うインテリアを体感できるのも、
気分を変えたり、インスピレーションのキッカケになったりするのかもしれません。

IMG_39381

勤務体制もフルタイムのフレックスだそうです。
会社側からの信用と、個人の自己管理のバランスが取れなければ実現できないシステムで、
一見自由なようですが、何をすべきか、どう働くか、
強い責任感と背中合わせのシビアな世界です。

IMG_39571

デンマークで建築をリードするのは、
1990年当初はエネルギー設計に10%、建築に90%でしたが、
2020年にはエネルギーに60%、建築に30%、特殊対応に10%と、
より設備設計に重点を置き、技術を縮小して簡素化することも考えられています。
そのため、こうしたエネルギーコンサル会社の存在がとても重要なのです。

また、2020年にはデンマークはパッシブレベルの省エネ性能が標準となります。
この建物は、2006年の建築当初の基準であった75kwh/㎡をクリアした50kwh/㎡なのですが、
それでも2020年には基準オーバーの建物ということになります。
こうした話だけでも、デンマークの厳しい省エネ基準と、
ロードマップに沿って社会が省エネ化に向かっていることを痛感します。

今回案内していただいたRambollは、
大規模建築のコンサルがメインの会社ではありましたが、
日本で個人の住宅を建てるにおいても、考えることは何も変わりありません。

大きな反対運動に参加することも大事。
でもわたしは住宅屋として、
そうした運動に参加した人たちが帰宅する家が
どれほどエネルギーを浪費しているのか、
意識を向けることに一石を投じる立場にあると考えています。

原発の問題と同じくらい、
エネルギーを浪費する建物が乱立していることも大きな問題だからです。

無理なくエネルギーを使わない暮らしができる家は、
意外とシンプルで明快で、むしろこれまで以上に自然だと、
Husetを訪ねてくださるお客様とともに、
少しずつ、実現していきたいと思います。

2014/10/3 naka


カテゴリ: Husetのエコ, デンマーク, 旅行記 | Comments (0)

2014/10/28

2年目の津屋崎の家

先日、津屋崎の家の2年点検にお伺いしてきました。
Hさんちは日々進化していて、
今回大きく変わっていたのが、庭でした。

ha1028-2

ウッドデッキが、家の計画中からご主人のいちばんのこだわりだったのですが、
2年目、ご近所さんとの共同作業でついに屋根がついて、
庭にはこれでもか!というくらいの薪のストックがありました。

日当たりのいい庭には、ブロッコリーがぐんぐん成長しています。
おもちゃや端材が散らかっていても、
家族が楽しんでいる風景が目に浮かび、
むしろそのままで!と言いたいくらいです。

ha1028-3

テラスでのんびりコーヒーを飲みながら、
畑の野菜を取っていい?と聞くお子さんにまだよと答え、
お隣のお友だちと遊びに庭から庭へ、迎えにいく姿を見送り、
あら、雨が降ってきたねとお天気の話をして、
なんでもない時間がのんびりと流れる、至福の休日です。

ha1028

点検でぐるっと家を見ましたが、
小さいお子さんもいらっしゃるので、
当然壁が汚れたり、床に傷がついたりしています。
それも少しずつ空いた時間にメンテナンスされていて、
Hさんらしさが増していました。

気取ったインテリアももちろんいいのですが、
細かい体裁よりも、何よりも自分たちが家を楽しむこと、
それが最大の魅力となって、
この家は最高にカッコイイと思えるのです。

年中快適で、ご家族が楽しく過ごせるいい家だとおっしゃっていただき、
また来年のさらなる進化を楽しみに、
点検を終えた、よい週末でした。

naka


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 津屋崎の家 | Comments (0)

2014/10/20

2014Denmark-6 Light Years

コペンハーゲンの美しいショールームをひとつご紹介します。
あのビールのCarlsbergの工場跡に入っている
照明メーカーのLightYearsです。
1923年に建てられ、7年前まで稼働していた工場は、
国の文化財としても指定されています。

IMG_3915

ドアを開けたそのときから、ショールームの美しさに魅せられます。

IMG_38821

レンガ造りの工場だからこその壁の素材感と、
モダンな照明器具のコントラストが抜群です。

IMG_38901

IMG_38811

No.1営業マンだと紹介された女性のBirthe Hansenさんは、
周囲のひとをみんなHAPPYにさせてくれる笑顔と笑い声の持ち主で、
彼女のデンマーク語は全くわからなくても、
なぜだか楽しくて楽しくて、
気づいたらこの人と会社が大好きになるような、オーラのある方でした。

IMG_3910

そして、このミーティングルーム!

IMG_39031

打合せのときからずっと視界に入り、光を体感しているうちに、
その商品の魅力にはまってしまうような・・・。
ここで座って話す行為そのものがちょっと気持ちいい部屋
という心配りが、訪れた人をまた虜にするんでしょうね。

IMG_39071

デンマークの研修は本当に充実し、考えることも多く、
毎日があっという間です。
日本での日常では使っていない頭を使っているのか、
コリがほぐれるような心地よい疲れとともに毎晩眠りにつきます。

2014/10/2 naka


カテゴリ: デンマーク, 北欧家具・インテリア・北欧雑貨 | Comments (0)

2014/10/18

原マンションリノベのお引渡し

過ごしやすい秋晴れ。
今日は原マンションリノベのお引渡しでした。

<Before}>
IMG_2599

築40年にもなる古いマンションのリノベーションでしたので、
いろいろ制限はありましたが、
ステンドグラス、取っ手のひとつひとつ、洗面台や玄関まわりなど、
お施主さんのご要望が随所に盛り込まれた、
かわいい家に仕上がりました。

<After>
IMG_4133

ドアには奥さまお手製のステンドグラスも取り入れました。

2

機器類の取り扱い説明を受けられるご夫婦、

IMG_4118

そして、
リビングに行こうと言っても「いかない」と、
お気に入りの自分の部屋で遊び始めるRくん。

IMG_4119

お引越しのあとには、
ご家族のカラーがたくさん加わって、
もっとかわいい空間になるに違いありません。

ご夫婦にはもちろん、ご両親にもいろいろとお世話になり、
たくさん助けていただき、本当に大切なご縁のひとつになりました。
本当にありがとうございました。
そしてこれからも、どうぞよろしくお願いします!

Huset naka,hori


カテゴリ: リノベーション, 原マンションリノベ | Comments (0)

1 / 3123
カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ