• Twitter
  • facebook
  • Clip Evernote

 スタッフブログ

Monthly archive : 7月, 2014

2014/07/29

心のことば

Husetが参画しているデンマークファミリーハウスは、
全国各地でデンマーク住宅を手掛ける会社の方々から構成されるグループです。

2、3か月に一度ミーティングを開き、
自分たちから、デンマークのエコの精神と、
美しい住まいと豊かな暮らしを発信していくための、
意見交換、勉強会を行っています。

いつもは神戸に出張しておりましたが、
今月はここHusetでミーティングを開いていただきました。

0729-1

オトナになると、
言いたいこともぐっとこらえてやり過ごすという、
世渡りの術を覚えていくものです。
「遠慮」とか「間を読む」とか、
日本の美しい文化は、わたしも誇りを持っています。
しかし時にそれは、
問題を乗り越える一歩の足かせとなったり、
相手の真意を知り、自分の心を伝える機会損失にもなりかねません。

でも、
ひとこと飛び出したら、飛び出せたら、
それを受け止める空気がそこにあれば、
心のことばがどんどん重なって、
大きな推進力となって、
問題を解決する力になると信じています。

7月のミーティングは、
デンマークファミリーハウスのメンバーが、
相手を尊重しながら、
思いやりの中で忌憚ない意見を交換できる、
大切な仲間だと再認識できた一日でした。

そして、ともに新しい一歩を踏み出す準備ができたことに、
とてもとても感謝しています。

naka


カテゴリ: デンマーク | Comments (0)

2014/07/22

今宿東の外壁

九州北部、梅雨明けです。
今宿東の家では、週末にアルセコ断熱システムの部材が現場へ届き、
さっそく厚さ80㎜のロックウールを積み上げています。
DSC05988
「アルセコ社」の外断熱システムは、
ドイツでは1975年から不燃システムとして販売されており、
ヨーロッパでのシェアも高く、設立50年以上になる老舗です。

また、ヨーロッパからやってきたロックウールは、
高炉スラグや玄武岩からつくられる人造鉱物繊維ではなく、
天然の玄武岩から生産されるミネラルウールなのです。

耐火試験ではもちろん、
日本でも、住宅地で隣家が全焼するような火事の際も、
延焼や変色も見られなかったという実績もあり、
断熱性だけでなく、防火性能も優れています。

厚みを増した壁で、窓廻りにもすこしづつ表情ができてきました。
外壁をなでながら、ついついニヤリ(* ̄v ̄)

内部は造作工事が終盤へ突入しました。
DSC05978
これから夏本番!
水分補給・塩分補給をこまめに、業者さん方よろしくおねがいします!

hori


カテゴリ: 今宿東の家, 北欧住宅(注文住宅), 建築現場から | Comments (0)

2014/07/17

デンマークの木製窓、設置!

待ちに待った木製窓が、
はるばるデンマークから届き、
昨日、今宿東の家に設置しています。

「三角屋根のおうち」が少しずつ形になってきました。

t0717-1

室内は、着々と断熱、気密工事が進んでいます。

to0717-2

まだこの段階では、
窓の良さが伝わりにくいかもしれませんが、
外壁と内装の工事が進むにつれ、
その存在感がジワジワと影響力をもってきます。

こだわって考え、選び、待った木製窓は、
開け閉めする動作さえも、
日々の満足感を底上げしてくれる、大切なパートナーなのです。

naka


2 Responses to デンマークの木製窓、設置!

  1. こんにちは。やはり三角屋根はいいですね。
    勾配は10寸?くらいでしょうか。
    存在感ありますし、見ているだけでかわいらしく感じます。
    美しくバランスのとれた形状はまさに黄金比のようです。
    日本の家で一般的なアルミの窓は単なる明かりとりや風通しのための装置に思えてしまいます。
    でも木製窓はそうではありませんよね。
    それがその家になくてはならないものとして、
    美しさと性能を兼ね備えた存在として
    内からも外からも家族を見守ってくれると思います。
    これからの工事の進行がますます楽しみです。

  2. huset says:

    松田さん、こんにちは。
    おっしゃる通り、10寸勾配です。
    コンパクトなつくりですので、三角が巨大すぎず本当にかわいいです^^
    今回は、木製窓の注文にあたり、
    ご入居者さんがお施主さんの背中を押してくださったこともあり、
    注文する前から愛着と期待感を持って待つことができました。
    松田さんも木製窓のある家に住む方として、
    こうしてコメントしてくださるのが、とてもうれしくありがたいです!
    美しい窓がもっと普及していくといいなと、
    コツコツ発信していきたいと思います!

カテゴリ: デンマーク, 今宿東の家, 北欧住宅(注文住宅), 建築現場から | Comments (2)

2014/07/13

ステンドグラスをつくってみる①

好みのイメージのちょうどいいサイズがない、
だったら作ってみよう!というのがキッカケで、
もうすぐ始まる原マンションリノベでは、
Huset初、ステンドグラスの手作りにチャレンジ中です。

ta0712-1

1回目は、
デザインを起こして型紙を取り、
仮の色イメージを決めるところまで。
次回はガラス作業にたどり着けるかもしれません☆

naka


カテゴリ: リノベーション, 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 原マンションリノベ | Comments (0)

2014/07/07

幸せが振りこむ雨の餅まき

日曜日、今宿東の家は餅まきでした。

数日前までは曇り一時雨だった予報が、
前日夜には雨に変わっていて・・・、
当日は朝から雨でした。

どうしようかと迷い迷う中、
雨にもかかわらず、
ご家族やお友だち、近所の方が続々とお集まりくださったので、
撒き始める直前ギリギリまで判断を待ち、
小雨の瞬間を狙って・・・決行です!

to0707-2

途中から、みんな傘なんてそっちのけでした。

to0707-1

びしょ濡れの中、
お施主さんのお母さんからすてきなひとことをいただきました。

雨は「雨が降りこむ」を転じた、
「幸せが振りこむ」という縁起のいいもの。

調べると、
雨が降る日が縁起がいいというのは世界共通で、
フランスではMariage pluvieux, mariage heureux! といって、
雨降りの結婚は幸せになると言われています。

そのほかにも
神様が祝福して天使を雨粒にして降り注いでくれている、とか、
一生分の涙を神様が流してくれているとか、
恵みの雨とか、雨降って地固まるとか・・・☆

こうしてたくさんの人が祝福のために集まることが、
すでにひとつ目の恵みですね。
思い出深い、縁起のいい餅まきの日となりました。

naka


カテゴリ: 今宿東の家, 北欧住宅(注文住宅), 建築現場から | Comments (0)

1 / 212
カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ