• Twitter
  • facebook
  • Clip Evernote

住み継がれる家 02 「自然素材を選ぶ」

自然素材を選ぶ。

それは、人が使い、日に当たり、風を感じながら、人と共に生きていくものです。
本物だから、その変化は歴史を感じる風合いになります。

無垢のフロアは、表面を削ることで再生させることができます。
漆喰や珪藻土などで塗られた壁は、上から塗り重ねて、新調することもできます。

お手入れは、その素材から使いこなした美しさがにじみ出るのを感じ、手を加えると同時に愛着がしみ込んで、手放したくないという思いが芽生えることでもあります。
住まい手の気持ちひとつで、その素材がボロになるか風合いを増すか、その道は大きくわかれます。

北欧家具・照明

一枚の絵の様に佇む家