• Twitter
  • facebook
  • Clip Evernote

北欧スタイルの設計

柏原の家

福岡市・新築戸建

Concept

土地を見るとき、どうしても四角い方が安心感があります。

とはいえ、福岡市内は郊外まで土地値が上がりつつあり、なかなか手が届きません。

柏原の家は、矢印型の変形地でありながら、周囲の抜けのあるのどかな敷地に、Huset初のデンマークレンガの外壁と、小屋裏部屋をぜいたくに利用する三角大屋根の二階建てを計画しました。1階に廊下はなく、LDK+寝室+水回り、2階は寝室2つ+ホールという構成です。

三角形の勾配を活かしたリビングの天井は高さ方向の広がりと、幅30㎝のダグラスファーのフローリングは、水平方向への伸びやかさを演出しています。ダイニングにあるSTORKE社の大きな木製窓は、ふと腰かけたり窓辺のディスプレイを楽しんだりしやすい高さに設定し、自然と人や物が集う、LDKの中心的存在です。

今回は、レンガやダグラスファー、ロックウールや木製サッシ、家具という、デンマークの上質な素材が重ねていく経年変化を見守れる最高のプロジェクトとなりました。

Outline Data

建設地
福岡市南区
工事期間
4ヵ月
施工面積
108m2
施工時期
2016年9月竣工
  • 01. デンマークのレンガを使った三角屋根のファサード。
  • 02. リビングはダグラスファーと勾配天井で実面積よりも広く感じる。
  • 04. キッチンは軽食スペースが取れるようちょっと広め。オーダーキッチン。
  • 05. 小屋裏を利用した2階は、四角い家にはないリズミカルな空間に。
  • 06. 2か所あるトイレの1つは3in1として、ホテルライクでコンパクトな水回り。