• Twitter
  • facebook
  • Clip Evernote

北欧スタイルの設計

瑞梅寺の家

糸島市・新築戸建

Concept

ある種、ひとつのトレンドのように取り上げられる「田舎暮らし」。
実際には公共交通機関へのアクセス、ライフラインの整備のままならなさ、考えることはたくさんありますが、それらの不便を許容できるくらいの豊かな心や風景、時間が満ち溢れています。

瑞梅寺の家のコンセプトは、「森のイメージと、大きな窓のある明るい家」。
南東の出窓をアクセントに、他の空間はフロアレベルやストリップ階段を境に、流れるようにゆるやかに区切ったワンルームとして構成し、収納と水回りのみ個室としました。

潔いまでの空間には、過剰な装飾物がありません。その代わりに、時間をかけて風合いを増すオークのフローリングやタイルをはじめとする素材のひとつひとつ、キッチンの色や棚板1枚まで、時間をかけて、さらにその魅力を増すものばかりです。

これから先もずっと美しくあるための質にこだわり、その中で、インテリアのカラーバランスや余白取りを綿密に考慮した家となっています。

また、間の取り方を工夫することにより、将来的な家族構成の変化にも対応できるよう検討した上で、現時点でのご夫婦がベストだと思える空間を実現することができました。 自由で大胆な発想を持ち続けた家づくりは、まさに別荘を考えるときのような、今を楽しむという住まいの本質を追求した結果ともいえます。

Outline Data

建設地
糸島市瑞梅寺
工事期間
4ヵ月
施工面積
104m2
施工時期
2015年4月竣工
  • 01. メインの空間。平屋でもなく、2階建てでもないほどよい吹抜け。
  • 02. 階段やフロアごとに過ごし方を変える。
  • 07. 2階のスペースを生かすため、キッチンや水回りの床のレベルを少し下げました。
  • 10. こっそり取り入れた黄色。
  • 12. 板チョコをイメージした、大きな茶色の木製玄関ドア。