• Twitter
  • facebook
  • Clip Evernote

スタッフブログ

カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ
RSS
RSSRSS リーダー等で、ブログの RSS を登録しておくと、いち早く更新記事をご覧になれます。

2017/07/18

Denmark 持続可能について考える旅

今回のデンマーク研修、テーマは「持続可能」。

日常ではまだ馴染みの薄い言葉ですが、
デンマークでは15年ほど前から意識が高まり、
2010年からの3回の法改正により、一気にその考えが浸透したそうです。

これから日本でも大切な考え方のひとつになる
「持続可能」について、1週間考えていきたいと思います。

初日午後は、「Smith Inovation」という持続可能のコンサル会社を訪問しました。

d-0626-1

そもそも家は、どう住むか、どう使っていくか、
住む人を中心に設計していくことがベースにあります。
そうやって作られる持続可能な家は、
ごみを出さないようリサイクル可能なものでできているのか、
メンテナンスができて長持ちするのか、
環境に優しいか(断熱や自然エネルギーなど)、
そこで働く人の環境はどうなのかなど、
多方面から考えることが大切だそうです。

d-0626-2

また、デンマークでは、
築20年でも気密住宅に該当するそうですが、
今回は、リノベーションで使えるよう開発したという、
換気システムをご紹介いただきました。
日本では築20年は気密住宅とは言えない建物が多いので、
換気以前にも改善しなければならないことがたくさんです・・・。

その後は、まず1軒目の個人宅を訪問しました。

d-0626-8

築62年、約60坪(うち地下室が15坪)の
ゆったりとした平屋のおうちでした。

d-0626-4

リフォームで取り換えたという大きな窓が
リビングと庭をあいまいにつないでて、とても開放的。

d-0626-5

わたしたちのためにご準備くださった、
ドリンクやお料理をつまみながら、
いろいろお話を聞かせていただきました。

d-0626-6

美しいのは家具だけでなく、
壁に掛けられた絵も、とてもキュートでした。

d-0626-7

モデルハウスでも何でもない、
デンマークの一般の方の、暮らしの一部。
ご夫婦のいろいろなコレクションや、
ご主人が世界から集めたという植物に囲まれる庭を
ご案内いただきました。

d-0626-3

毎回驚くのは企業よりも個人のおうちのレベルの高さです。
さすがだなぁと、ため息がもれる初日の夜でした。

2017.6.27 
naka


カテゴリ: デンマーク, 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 旅行記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA