• Twitter
  • facebook
  • Clip Evernote

スタッフブログ

カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ
RSS
RSSRSS リーダー等で、ブログの RSS を登録しておくと、いち早く更新記事をご覧になれます。

2017/02/18

古い家との付き合い方

南大橋リノベは、造作工事が進んでいます。
壁ができるだけで、ずいぶんと空間の印象が変わります。
今は石膏ボードの黄色い壁で、いったん少し狭く感じますが、
これが白くなると、また広さ感を取り戻すので不思議です。

mi0217-1

急だった階段も見違えるようになりました。

mi0217-2

ダイニングにあるのは、
リノベーションならではの「残る柱」。

mi0217-3

逆に新築にはなかなかない個性です。
一見どうしたものかという柱こそ、
普通のLDKにはない装飾が可能になります。

一輪挿しを飾ったり、
小さな時計や温湿度計をかけてみたり、
植物やガーランドをからめたり、
ワイヤータイプの照明器具を選んでみたり。

リノベーションとは、
古い家を新築のように整えるだけではなく、
その個性とつきあう楽しみがある家づくり、とも言えますね。

naka


カテゴリ: リノベーション, 南大橋リノベ, 建築現場から

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA