• Twitter
  • facebook
  • Clip Evernote

スタッフブログ

カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ
RSS
RSSRSS リーダー等で、ブログの RSS を登録しておくと、いち早く更新記事をご覧になれます。

2017/01/24

開口部との付き合い方

南大橋の家に、新しい窓が入りました。

元々は、南側全面と言っていいくらい窓でしたが、
今回は、中央を壁にし、窓面積を小さくしています。

mi0123-1

庭があればとにかく掃出し窓!
昔からそういう家が多く、
今でも建売などにはその考えが横行しているように感じます。

暮らすということは、何かしらの家具を置くことになりますし、
くつろぐ場所が欲しくなります。

・窓ばかりで家具を置きづらい。
・街でせっかくすてきな絵に出会った、もしくはお子さんがかわいい絵を描いた、
 でも飾るところがない。
・すてきな生地を見つけた、
 でも窓が巨大すぎてカーテン代もばかにならない。
 好きなスタイルの窓装飾が似合わない。

せっかくのLDK。
いちばん長く過ごす場所だからこそ、
そこは本当に窓であるべきか?掃出しであるべきか?
開口部との付き合い方に、もっと目を向けてもいいのではないでしょうか。

naka


カテゴリ: リノベーション, 南大橋リノベ, 建築現場から

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA