• Twitter
  • facebook
  • Clip Evernote

スタッフブログ

2016/12/16

平和マンションリノベ お引渡し

今年の春は、うれしい悲鳴なのですがとてもお引き合いが多く、
ご契約いただいたお客様には工事の順番をお待ちいただき、
大変ご迷惑をおかけしておりました。

この平和マンションリノベも、その中のお1組。
春からお打合せを初めて、今日、お引渡しの日を迎えました。

窓に背を向けたキッチンは、
ロケーションも広さも無視した、昔の名残。

bhe1216-1

壁付にしてオープンなダイニングキッチンとし、
キッチンには人目に触れづらい収納を設置して、
家電やストックなどをシンプルにまとめました。

ahe1216-1

個室として使うために間仕切りで閉塞的だった西側の部屋も
アトリエとしてキッチンに隣接させました。
飾る余白のために残した壁と窓のバランス、
塗装の白い壁とグレーの窓枠が
女性らしくて柔らかく、とても上品です。

薄暗かった廊下も玄関も、外部に面する窓はなくとも
開放的で清潔感のある明るい場所になりました。

ahe1216-2

遠回りだったとしても無駄なことでも、
素直な気持ちを語った分、
家とともに、お施主さんにも
愛おしさのようなあたたかい気持ちが湧いてきます。
俗にそれを、思い入れと言うのでしょうが、
そんな一言でまとまるものでもない気がします。

そしてお引渡しの日にいただく、
おうちを気に入っていただいているという喜びのお声は、
わたしたちにとって、最高のご褒美です。
疲れも苦労も吹き飛び、
がんばってきてよかったなと
完成したおうちを胸を張って送り出せる瞬間です。

これから新しい家で、
Kさんらしいおうちを育てていってくださいね。

Kさん、本当にありがとうございました!

Huset


カテゴリ: リノベーション, 平和マンションリノベ, 建築現場から

カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ