• Twitter
  • facebook
  • Clip Evernote

スタッフブログ

2016/10/11

地行リノベのセルフペイント

暑さが少し遠のいて過ごしやすくなった10月、
地行リノベのセルフペイントを行いました。

2階にはぜいたくな吹抜けがあります。
吹抜けは、ペンキを塗るのもなかなかの重労働ですし、
高いところを塗る際は、周囲への飛び散りなどへの配慮も必要になり、
なかなか神経をつかいます。

そんな部屋を、女性2人で丁寧に仕上げていきます!

ji1011-1

また、リノベーションは既存の建物の規模があるため、
広さが足りないこともあれば、
余るほどゆったりと贅沢に撮れる場合もあります。
今回は後者でしたので、
部屋数分のがんばりが求められました。

ji1011-2

塗り始め、しみじみと頂戴したひとこと。
「これまで見てきた物件もこうしてみんながんばって塗ってきたんですね、 
 そりゃ愛着もわきますね」

そうなんです、これまでずっと、
それぞれのご家族なりにがんばっていただきました。
暑い、大変だ、疲れたと言いながら、それでも自分の家。
手を抜くことなく、あきらめず、
最高の達成感を得て、新居へと入っていただいています。

ビニールクロスの家と塗装の家、
何が違うのかわからないという方もいらっしゃいますが、
穏やかな気持ちで空間を味わうとき、
この柔らかい光の反射と、主張なく質を引き上げてくれる風合いが、
絶対的に差を感じさせるのです。

壁に絵をかけたり棚をつけたり、
ときには子供たちが穴をあけてしまっても、
大掛かりな工事ではなく気軽に補修ができる、
そんな心のゆとりさえも、与えてくれます。

これから生まれる美しい空間。
かけがえのないパートナーとも言える壁。
だからこそ、自分たちで手掛ける「セルフペイント」は、
欠かすことのできない、大切なプロセスなのです。

naka


カテゴリ: リノベーション, 地行リノベ, 建築現場から

カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ