• Twitter
  • facebook
  • Clip Evernote

スタッフブログ

カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ
RSS
RSSRSS リーダー等で、ブログの RSS を登録しておくと、いち早く更新記事をご覧になれます。

2016/01/29

家を育てる第一歩

祖原マンションリノベでは、
急ピッチで現地確認と仕様決めが進んでいます。

福岡でもしっかり雪が積もった週末も、
車が使えないとなれば雪道を歩いて現場に集合し、
現状確認、変更点、検討事項など打合せました。

so0129-1

その後現場は
新しくなる水回りの先行配管工事の段階です。
床下の配管スペース、ダクトの経路などの問題をクリアしながら、
新しいご家族らしい暮らしができるよう、
ベストな配置を検討していきます。

so0129-2

そして最近の悩みは、空間のアクセントとなる壁の色。
いろいろなお客さまと塗装の色についてお話をしますが、
バランスや色への印象やお好みは千差万別で、
毎回新しい色に出会うことができ、楽しいひとときです。

so0129-3

濃い色、個性的な色を選ぼうとするとき、
好きな色が見つかってとても惹かれているのに、
「飽きたらどうしよう」「主張しすぎたらどうしよう」と、
守りの気持ちが大きく働いてしまいます。
「つくったら簡単に替えられない」
という日本の建物への固定観念がジャマをするのです。

Husetが塗装をオススメするのは、
その質感、光の反射、経年変化、体に害のない成分、・・・
たくさんの理由がありますが、
もうひとつとても大切なポイントに、
「自分たちでつくった家」という気持ちを持っていただきたい、ということがあります。

部屋の色のイメージを変えたくなったとき、
そこには何も障害はありません。
塗り替えてしまえばいい!
そのために、セルフペイントでしっかりと経験しておきます。

「自分たちでつくった家」、
そうした気持ちが蓄積されて、
長く、少しずつ味わいを増して美しくなる家を、
しっかりと守っていけると信じています。

さて、Iさんのおうちは何色になるのでしょうか・・・☆

naka


カテゴリ: リノベーション, 建築現場から, 祖原マンションリノベ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA