• Twitter
  • facebook
  • Clip Evernote

スタッフブログ

2013/10/18

始まりの予感

大野城でのお引き合いが続いています☆

大野城には、まとまった住宅団地がいくつもあります。
新しい家が増えていく地域、
そして、少しずつ世代交代が進んでいる地域。
それらの中には、なんともかわいらしい外観の、
むしろその姿を崩したくない建物がいくつもあります。

1018-2

しかし、そうした古い家々も、
いざ新しい、次の住まい手を迎えたときに、
ライフスタイルの変化に対応しづらい構造、構成になっているという、
悩みを抱えていることが少なくありません。

そこをどのように解釈し、活かし、魅せるかが、
楽しく難しい、リノベーションの醍醐味でもあります。

1018-3

何組ものお客様とリノベーションをお供するうちに、
これからわたしたちが新しく生み出していく家も、
いつか誰かにこんな風に思われたり、
どうする?なんて言われたりするときが来るのかなと、
改めて考えます。

そしてそのときは、
「活かしたい」「生かしたい」と、
愛情を持って残される家であってほしい。
何十年も先に、rebornではなくrestartできる家に、
取り組みたいと思えるようになった気がします。

1018-1

今回おとずれた始まりの予感は、
どのように生まれ変わるための出会いなのか・・・
これから重ねるお打合せが楽しみです☆

naka


カテゴリ: リノベーション, 建築現場から

カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ