• Twitter
  • facebook
  • Clip Evernote

スタッフブログ

2013/06/26

デンマークの窓

待ち長かった3ヶ月、
警固リノベの現場に、デンマークから木製サッシがやってきました。
待った甲斐がありました~☆

STORKEの木製サッシは、
スウェーデンで認定を取った森で育った樹齢100年以上のパインで作られています。
ゆるやかに成長した木は密度が高く、湿気に強いため、
北欧の中でも湿度が高いデンマークでも
メンテナンスしながら何十年も使い続けられています。
また、節が取り除かれた小刻みな芯材はフィンガージョイントで連結され、
反りなどの動きを防いでいます。

Husetで採用しているのは白いプレペイント仕様。
日本の塗料リストにあるようでない、青くも黄色くもグレーでもない、
洗練されたホワイトRAL9010です。
枠の太さや金物とのバランス、
確かな品質を備えたサイズフリーへの安心感、
暑さ寒さの心配がなく、そして何よりも美しい!

お施主様のこだわりだった縦長のバランスも絶妙で、
美しい窓辺が今から想像できます。
何度も振り返り、何度も触りたくなる、
愛おしい窓です。

こんな美しい窓が景色を切り取るから、
窓の向こうにある植物を気にかけるようになったり、
窓台にオブジェを置きたくなったりするのかもしれません。

美しい窓だからこそ、
メンテナンスが面倒になる前に、
手をかけてあげたくなるのかもしれません。

美の相乗効果。

品質はもちろん、
五感に訴えかけるものがあるからこそ、
長く愛され続ける家になるのだと思います。

naka


カテゴリ: デンマーク, リノベーション, 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 建築現場から, 警固リノベ

カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ