• Twitter
  • facebook
  • Clip Evernote

スタッフブログ

2018/03/05

雁の巣の家の餅まき

雨と雨の谷間にあった快晴。
昨日は雁の巣の家の餅まきでした。

ぽかぽか陽気で子供たちは走り回り、
大人たちも薄着で外で話し込み、
賑やかで、いろんな意味で温かい餅まきの日となりました。

人が出入りし始めると、
「土地」は「敷地」になり、
「現場」は「家」になり、
口にする言葉も、自然と温かみが増していきます。

そこにある空気感は、
背景にあるジブン哲学が醸し出す色です。
材や設計だけで生み出されるものではないと思います。

物を選んだ理由、今やるべきこと、時間をかけて育てるもの、
この数か月、お施主さんと共に、
家との付き合い方をじっくり考えてきました。
雁の巣の家らしい「本物」がここに生まれることを、
心からうれしく、幸せに感じています。

次はデンマークからの木製窓!
待ち遠しい日々です。

naka


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 建築現場から, 雁の巣の家

カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ