• Twitter
  • facebook
  • Clip Evernote

スタッフブログ

2015/02/26

魔法瓶断熱工事、始まる

瑞梅寺の家で、外張り断熱工事が始まりました!
敷地に山積みになっているのは、
アルセコ外張り断熱システムのロックウール。

zu0226-3

これを、レンガのように積み上げながら張っていきます。

zu0226-1

事務所にも断面模型を置いていますが、
充填断熱+外張り断熱により、壁厚約20センチ分の断熱材を使用しています。
魔法瓶のように建物全体を断熱するため、
室内温度をキープしやすくし、冷暖房費を節約することができます。

一般的なサイディングの外壁に比べると高価なものかもしれませんが、
日々の生活の快適性、ランニングコストの削減など、
将来の豊かな暮らしへの、大切な投資ともいえます。

zu0226-4

わたしにとって、デンマークで衝撃だったのは、
インテリアの美しさよりも、むしろ断熱への考え方でした。
資源のない国でみんなができることは、
まずはエネルギーを使わないことなのです。

日本、むしろ西日本では、
「寒い戸建て」という考えが浸透しすぎていて、
エネルギーを使わないというと、
すぐに節電、部屋を細かく仕切って冷暖房など、
生活に手間を伴う方法をイメージしがちです。

初めから省エネになる建物にしていれば、
そうしたストレスから解放され、
どの部屋にいても快適さを得ることができる、
それを当たり前のように教えてくれたのが、デンマークでした。

省エネ住宅ポイント制度が始まりますが、
こうした制度がただのお得感でおわることなく、
少しずつ省エネへの意識が高まっていけばいいなと思います。

naka


カテゴリ: Husetのエコ, デンマーク, 北欧住宅(注文住宅), 建築現場から, 瑞梅寺の家

カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ