• Twitter
  • facebook
  • Clip Evernote

旅行記 スタッフブログ

カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ
RSS
RSSRSS リーダー等で、ブログの RSS を登録しておくと、いち早く更新記事をご覧になれます。

Category : 旅行記

2015/10/29

愛媛のなかまと時間

Husetは、デンマークファミリーハウスというグループに所属し、
年に数回、同じくデンマークの住まいづくりに取り組んでいる
全国各地の会社さんとお会いして、情報交換を行っています。

今回、愛媛のヨゴホームズさんが、
2棟並びで新築が完成されたとのことで、
取材を兼ねて、勉強にお伺いしてきました。

dfh1029-1

ヨゴホームズの余吾さんは、
30年ほど前から愛媛でデンマーク住宅づくりに取り組んでおられる
わたしの大切な先輩のひとりです。
大好きなデンマークの住宅を、
女性ならではの目線でひとつずつ丁寧にご提案されています。

今回は、デンマークファミリーハウスのメンバーである、
香川県のCONNECTさんのご協力による、
インテリアコーディネート付きオープンハウスを開催されました。

dfh1029-4

SKAGERAKの家具、小物、ARABIA、Eva soloのテーブルウェア、
Johanna GullichsenのファブリックやARCHITECTMADEのDuck&Ducklingなど、
北欧のアイテムが加わった室内は、
暮らしの美しいシーンという想像を掻き立ててくれます。

dfh1029-3

今年のHusetは、通常の新築やリノベーションのご依頼のほか、
さまざまなご相談をいただいたり、
同業他社さんのご活躍の様子を拝見する機会が増えました。

その中でも、いつも心に留まるのが、
お客さまとのコミュニケーションやご提案、思いの共有です。

家づくりは、一時の買い物ではなく、
長い時間をかけて想像をめぐらし、悩み倒し、準備を進め、
多くの人がかかわってようやく完成するプロジェクトへの「参加」です。

どんなに素晴らしい構造やデザインを持っていても、
参加者と心を通わせるプロセスがなければ、
プロジェクトは成功に至りません。

そこに鉄板パターンはなく、
いつも新しい思考や受け皿が必要だと、
いくつもの失敗を繰り返しながら、日々感じています。

dfh1029-2

ヨゴホームズさんで完成した2軒のおうちのお1組は、
出会いはなんと20年前!
憧れのヨゴホームズさんの新築に住みたいという思いを
ずっと持ち続けておられたんだそうです。

そしてようやく夢が叶えられるときが訪れた。
そのときも余吾さんは、
20年前と変わらない、美しく快適な住まいへの情熱を持ち続けておられると、
お声かけくださったんだそうです。

長く愛される家をつくり続けたいHusetにとって、
時間とは、
自分の信念を常に試している出題者であり、
変わらない信念を後押ししてくれる強力なスポンサーでもあります。

20年後、
自分たちの軸足をより確固たるものとして、
わたしたちを信じてくださるプロジェクトの「参加者」たちとともに、
歩み続けられるよう、日々を大切にしていきたいと思います。

余吾さん、ありがとうございました!

DFHブログはこちら
ヨゴホームズさんブログはこちら

naka


カテゴリ: デンマーク, 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 旅行記 | Comments (0)

2014/10/31

2014Denmark-8 幼稚園

【Solhuset】
エネルギーコンサル会社Ramboll設計の幼稚園、Solhusetを訪問しました。

太陽光を存分に活用する屋根形状で、
太陽熱温水パネル、太陽光パネル、自然光を取り入れるためのトップライト、緑化帯が、
最適な角度に設けられています。
しっかりとした断熱はもちろん、
太陽熱を利用した床暖房システムや熱交換換気といった
省エネルギー設計が行き届いています。

IMG_3994

エントランスを入ってすぐ飛び込んできたのは、
床に描かれた、食べ物は土にかえるというプロセス(炭素と酸素の循環)。

IMG_3981

園内の子供の撮影は禁止されていたために写真をお見せすることはできませんが、
本当に小さな、子供たちがいる幼稚園なんです。
その幼稚園のエントランスから、こうした教育が始まっていることに驚きました。

IMG_3984

テレビの周りに書かれている言葉も、ただのかわいいインテリアではなく、
「We save each other and environment」
雨と遊ぶ、水を守る、太陽は熱とエネルギーをくれる、
などなど環境に関する言葉ばかり。

IMG_3983

そして、額に入っているのは幼稚園の歌です。
ざーっくりわかる範囲で訳してみると、
 「太陽、風、土、水、月、星・・・
  自然と食べ物は仲良し
  花や木は、何かを学ぶもの
  太陽は屋根を温め、そしてわたしたちの体を温める」

と、ただの仲良しソングではなく、
自然と共に生きていくこと、みんな仲間だよ~と言っているようです。

今ほどエコについて関心が高くなかった時代に生きたオトナたちも、
小さいころから環境問題について教育を受ける子供を通して、
持続可能な社会について学んでいくんだそうです。

IMG_39951

わたしたちが生きている、今ここにある環境は、
将来の子供たちのものでもあります。
だからこそ教育は、
明るい未来を子供たちに贈るという最大のエコ活動だと思います。

こうした世界に触れると、
日本に浸透しているエコのひずみが、悲しく思えて仕方がありません。
自然エネルギーの導入は、
高い光熱費の軽減や、住宅ローン返済に充当する役に立つかもしれません。
確かにそれも一理あり、生活にとって重要なことですが、
原発問題がイヤ、異常気象がイヤと思うなら、
自分たちがどれほど環境問題に対して感覚が疎いかを
同じくらい知っていかねばならないのではないでしょうか。

今の生活の中で自分たちにできることは必ずあります。
決して無理をしなくてもできることが。

Husetは、エネルギー使わないことを選択し、
少しずつ、ひとつずつ、こうした問題に取り組んでいきたいと思います。

201/10/3 naka


カテゴリ: Husetのエコ, デンマーク, 旅行記 | Comments (0)

2014/10/30

2014Denmark-7  サステナビリティ

ひとえにサステナビリティと言っても、
それぞれの国や社会によって、重要となるポイントはことなります。
気候、経済、社会、環境・・・

今年は、デンマークのエネルギーコンサル会社を訪問し、
彼らのHead Office、そしてプロジェクトについてお話をお伺いしてきました。

【Ramboll】
Rambollは、1945年にコペンハーゲンで設立された会社で、
北欧を中心に、ビルや交通機関、環境、エネルギー施設など、
持続可能な建物のコンサルティングを行っている会社です。
デンマークでは、建築において意匠や構造設計と同じく重要なエネルギー設計についても、
計画の初期段階からコンサルティングが行われていることも多いそうです。
スタッフは世界20か国、200の事務所に1万人いて、
コペンハーゲンでは1600人が働いています。

2006年に建てられたRambollのHead Officeは、
外壁、そして室内の間仕切りもほぼすべてガラス張り、
そして中央の大きな吹抜け階段が特徴的です。

IMG_39341

これは、会社のEnergy Point=オープンコミュニケーションの場であり、
人が集まり、視覚的、感覚的に情報を共有する場でもあります。
吹抜けの手すりもバーカウンターの高さと合わせてあり、
どこにでも人が立ち止まり、話たりコーヒーを飲んだりするシーンが考えられています。

外壁はガラスのダブルスキン構造になっており、
夏は南側には外部ブラインドが日差しを遮ります。
防音効果も高く、外の音は全く気になりません。

そして驚きなのが、建物内に暖房設備やエアコンはなく、
熱交換式換気システムと、建物内に循環させている地下水によって、
夏は涼しく、冬は暖かく保たれているのです。
それによって、年間660tのCO2と、18,000KWの冷暖房費を削減しています。

IMG_39441

透明性とモチベーションの伝播を狙って、内部の間仕切り壁もガラスです。
自分の席は決まっておらず、
ミーティングルームもあちこちに設けられており、
気分によって好きな場所で作業ができるようになっています。

室内は、集中力が高まるようベースはニュートラルカラーで統一されていますが、
家具は80種類、70室の部屋は異なる家具でコーディネートされています。
足を運ぶ先々で少しずつスタイルの違うインテリアを体感できるのも、
気分を変えたり、インスピレーションのキッカケになったりするのかもしれません。

IMG_39381

勤務体制もフルタイムのフレックスだそうです。
会社側からの信用と、個人の自己管理のバランスが取れなければ実現できないシステムで、
一見自由なようですが、何をすべきか、どう働くか、
強い責任感と背中合わせのシビアな世界です。

IMG_39571

デンマークで建築をリードするのは、
1990年当初はエネルギー設計に10%、建築に90%でしたが、
2020年にはエネルギーに60%、建築に30%、特殊対応に10%と、
より設備設計に重点を置き、技術を縮小して簡素化することも考えられています。
そのため、こうしたエネルギーコンサル会社の存在がとても重要なのです。

また、2020年にはデンマークはパッシブレベルの省エネ性能が標準となります。
この建物は、2006年の建築当初の基準であった75kwh/㎡をクリアした50kwh/㎡なのですが、
それでも2020年には基準オーバーの建物ということになります。
こうした話だけでも、デンマークの厳しい省エネ基準と、
ロードマップに沿って社会が省エネ化に向かっていることを痛感します。

今回案内していただいたRambollは、
大規模建築のコンサルがメインの会社ではありましたが、
日本で個人の住宅を建てるにおいても、考えることは何も変わりありません。

大きな反対運動に参加することも大事。
でもわたしは住宅屋として、
そうした運動に参加した人たちが帰宅する家が
どれほどエネルギーを浪費しているのか、
意識を向けることに一石を投じる立場にあると考えています。

原発の問題と同じくらい、
エネルギーを浪費する建物が乱立していることも大きな問題だからです。

無理なくエネルギーを使わない暮らしができる家は、
意外とシンプルで明快で、むしろこれまで以上に自然だと、
Husetを訪ねてくださるお客様とともに、
少しずつ、実現していきたいと思います。

2014/10/3 naka


カテゴリ: Husetのエコ, デンマーク, 旅行記 | Comments (0)

2013/09/03

Finn Juhl house,Ordrupgaard museum

8月16日(雨・くもり)

15日にデンマーク入りして、
翌日は朝から電車に乗って、フィン・ユール邸へ。

0903-2

1942年に建てられたというフィン・ユールの自邸は、
生前の暮らしそのままに保存されていました。
あいにく家の中は撮影禁止・・・。

0903-3

立ち止まると、
時間を巻き戻されたような、
その時間に自分もいたかのような、
不思議な感覚にとらわれました。

苦し紛れに外から撮った、
窓が切り取る室内の風景です。

0903-1

そのフィン・ユールの家を管理している、
お隣のオードロップゴー美術館なのですが、
建物そのものやエキシビジョンもすばらしかったのですが、
それ以上に胸にしみたのは、
庭に咲き誇っていた秋明菊でした。

0903-4

コンクリートさえも叙情的に魅せるというか、
この美術館が森の奥で、
訪れる人をじっと待っているようにも感じられてしまう・・・。

北欧に降り立って4日目、
だいぶ心が浄化されてきたようです(笑)

naka


カテゴリ: デンマーク, 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 旅行記 | Comments (0)

2013/08/26

Aalto Atelier,own house

アアルトのアトリエと自邸。
本で見た家だ!
ドキドキする感覚が、本当に心地よかったです。

まずはアトリエ。

0825-1

階段を上った先に広がる製図室。
このハイサイドライト、とっっっても好みでした。

0825-3

アトリエ。
試作品やらサンプルやらがここに集まり、
二階は、設計した照明や模型を
上から確認するためにあるそうです。

0825-5

0825-6

アトリエから徒歩10分もしないところにあった、
アアルトの自邸。

0826-1

極めて自然。

大きいものや奇を衒ったデザインを見て驚かされるのとは真逆、
ものすごく身近なものにジワジワと、
無言のうちに圧倒されるような巧みなバランス、
とでも言いましょうか。

0826-3

小さな経験値から導き出した短絡的な結論に陥らないよう、
もっともっと考えて、
もっともっと、見て感じなければ・・・!

0826-2

写真で見る数十倍、すてきな家です。
こんなスケール感で、
憧れる空間を目の前にすると、
多くの言葉は出てきませんが、
真摯に、誠実に、前を向こう、進みつづけようという、
まっすぐな気持ちだけが、胸に残ります。

naka


カテゴリ: 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 旅行記 | Comments (0)

1 / 512345