• Twitter
  • facebook
  • Clip Evernote

祖原マンションリノベ スタッフブログ

カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ
RSS
RSSRSS リーダー等で、ブログの RSS を登録しておくと、いち早く更新記事をご覧になれます。

Category : 祖原マンションリノベ

2016/03/16

祖原マンションリノベのお引渡し

なかなか気合の入った古いマンションでした(笑)
壁は黄色いというか茶色というか・・・、
昔よくあった、窓際に2部屋、窓のないダイニングキッチンという間取りで、
どうしても薄暗い印象が強かった、祖原のマンション。

Before-1
so0316-4

壁式RC造でしたので、自由に撤去できない間仕切り壁がたくさんありましたが、
今回は、今後のライフスタイルの変化に合わせて、
家族が自由に部屋を交換しながら住まい続ける、
ノマドスタイルのリノベーションといたしました。

After-1
so0316-2

部屋の隅に追いやられていた
古くてサイズの小さなキッチンも、

Before-2
so0316-3

窓の取れないスペースにはWICスペースを作り、
キッチンは向きを変えてペニンシュラスタイルに。
アクセントのカーキ色の壁と、黒いドアが、
白いキッチン空間を引き立ててくれています。

After-2
so0316-1

開き戸がひしめき合う廊下も、

Before-3
so0316-6

扉は引き戸に整理し直し、玄関土間を広げ、
天井高さは変わらないにも関わらず、
ゆとりを感じさせる廊下になりました。

After-3
so0316-5

ご採用いただいたアッシュのフローリングも
木目がとても美しくて、本当にラッキーでした☆

「祖原マンションリノベ」は、言ってしまえば何もない空間です。
でもそれは、Iさんファミリーが家族の成長とともに、
おうちの中でお引越しを重ねながら、
自分たちらしい魅力に溢れた空間へと育てるための、大切なベースなのです。

そして、建築に空間を固められるのではなく、
あっちを向いたり、こっちに行ったり、
たくさんの可能性を秘めたノマドな家こそ、
コンパクトライフの秘訣かもしれません。

so0316-8

とあるご縁からつながったIさんご家族でした。
少し急ピッチで進めなければならなかった数々の打合せも、
迷う奥さん、じゃあそれでいいよと受け止めるご主人、
いつもお利口さんのSちゃんの抜群のチームワークで、
しっかりと前を向き、こうして竣工の日を迎えました。

so0316-7

新しい家で、Sちゃんが覚えたてのよちよち足で、
歩いては転び、泣いて、機嫌を直しては笑う姿が、
生まれ変わったこの空間にいる天使のようでした。

1か月後、1年後、5年後、10年後、
移りゆく時間と家族のシーンが、ずっとずっと楽しみです。
Iさん、Husetの手を取ってくださって、
本当にありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いします☆

Huset naka、hori


カテゴリ: リノベーション, 建築現場から, 祖原マンションリノベ | Comments (0)

2016/03/10

祖原マンションリノベのセルフペイント

もちろん、今回もセルフペイントです。
近頃では、これがあってこそのHusetのおうち、
というのが定着してきたように感じます。

so0310-1

祖原マンションリノベは、ベースの白に加えて、
アクセントにカーキグリーンを取り入れました。

so0310-3

オレンジなのか、パープルなのか、
迷いに迷ったグリーンでしたが、これは正解でしたね!
洗練された、かっこいいカーキの壁が、
白いキッチンを引き立ててくれそうです。

so0310-2

一日の終わりに、強力タッグの記念撮影☆
本当によくがんばっていただきました。
Iさん、楽しい思い出とともに、これからも壁ごとおうちをかわいがってくださいね。

naka


カテゴリ: リノベーション, 建築現場から, 祖原マンションリノベ | Comments (0)

2016/02/26

壁と光

祖原のマンションリノベは、
築年数も然ることながら、
既存の壁の色が黄色系だったので、
とても薄暗く、そして少し狭さすら感じさせていましたが、

so0226-1

不要な間仕切りを撤去して空間を開放し、
壁が白くなると、
見違えるように広さと明るさを感じられるようになりました!

so0226-2

まだ何もないけど、
光が静かに、部屋の奥深くまで廻る。
まっすぐで純粋な、白のひととき。

大好きな瞬間です。

naka


カテゴリ: リノベーション, 建築現場から, 祖原マンションリノベ | Comments (0)

2016/01/29

家を育てる第一歩

祖原マンションリノベでは、
急ピッチで現地確認と仕様決めが進んでいます。

福岡でもしっかり雪が積もった週末も、
車が使えないとなれば雪道を歩いて現場に集合し、
現状確認、変更点、検討事項など打合せました。

so0129-1

その後現場は
新しくなる水回りの先行配管工事の段階です。
床下の配管スペース、ダクトの経路などの問題をクリアしながら、
新しいご家族らしい暮らしができるよう、
ベストな配置を検討していきます。

so0129-2

そして最近の悩みは、空間のアクセントとなる壁の色。
いろいろなお客さまと塗装の色についてお話をしますが、
バランスや色への印象やお好みは千差万別で、
毎回新しい色に出会うことができ、楽しいひとときです。

so0129-3

濃い色、個性的な色を選ぼうとするとき、
好きな色が見つかってとても惹かれているのに、
「飽きたらどうしよう」「主張しすぎたらどうしよう」と、
守りの気持ちが大きく働いてしまいます。
「つくったら簡単に替えられない」
という日本の建物への固定観念がジャマをするのです。

Husetが塗装をオススメするのは、
その質感、光の反射、経年変化、体に害のない成分、・・・
たくさんの理由がありますが、
もうひとつとても大切なポイントに、
「自分たちでつくった家」という気持ちを持っていただきたい、ということがあります。

部屋の色のイメージを変えたくなったとき、
そこには何も障害はありません。
塗り替えてしまえばいい!
そのために、セルフペイントでしっかりと経験しておきます。

「自分たちでつくった家」、
そうした気持ちが蓄積されて、
長く、少しずつ味わいを増して美しくなる家を、
しっかりと守っていけると信じています。

さて、Iさんのおうちは何色になるのでしょうか・・・☆

naka


カテゴリ: リノベーション, 建築現場から, 祖原マンションリノベ | Comments (0)

2016/01/21

祖原マンションリノベ、着工しました!

早良区祖原のマンションリノベ、着工しました!

so0121-1

数年後のライフスタイルの変化を見越し、
自由な使い方のできる間取りにしていきます。

とはいえ、相手は壁式RC造の古いマンション。
やれることもあれば、できないこともあります。

建物や造作にすべてをまかせるのではなく、
空間の質を決定づける床や壁といったベースの質感を大切にしつつ、
暮らし方、使い方、動き方、置くもの、
ハコにとらわれない発想をお持ちのIさんだからこそ、
実現するリノベーションかもしれません☆

naka


カテゴリ: リノベーション, 建築現場から, 祖原マンションリノベ | Comments (0)

1 / 11