• Twitter
  • facebook
  • Clip Evernote

白水池リノベ スタッフブログ

カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ
RSS
RSSRSS リーダー等で、ブログの RSS を登録しておくと、いち早く更新記事をご覧になれます。

Category : 白水池リノベ

2015/11/16

白水池リノベの1年後

お引渡しから1年ぶり。

躯体を活かした吹き抜けのある「白水池リノベ」は、
鉄骨のハードさと、カジュアルでやさしいインテリアが調和し、
ダイニングで話し始めると時間を忘れて話続けてしまいそうな、
ほっこりした時間の流れるおうちになっていました。

<お引渡し前>
si1116-4

<今!>
si1116-2

建築がつくり上げた完成形に属するために
ハコに合わせて生活感を減らすのではなく、
そこに加えるモノのひとつひとつを丁寧に吟味し、
結果的にできた生活感ならば、それはむしろホスピタリティですね。

とても優しい。とても心地よい。

si1116-3

空間に順ずるのではなく、
空間にふさわしくなりたいという欲求が湧いてくるような、
丁寧な素材選びと家づくりを、
これからも続けていきたいものです。

naka


カテゴリ: リノベーション, 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 白水池リノベ | Comments (0)

2014/11/25

白水池リノベのお引渡しでした

ちょうど基山に通っていた6月のある朝、
「今から物件を見に行くので一緒に来てもらえませんか?」
というお電話をいただき、現地で初めてお会いしたところから始まった
「白水池リノベ」でした。

is1125-5

もともとは売地として出ていた物件は、
6畳くらいの個室が4つとダイニングキッチン、
コンパクトな70㎡の平屋で、青い屋根が印象的なかわいい家でした。

is1125-3

大きさや庭とのつながり方が、
Husetの事務所とやたらとリンクして、
初めて来た物件にもかかわらず、なんだかとても懐かしく、
なんとかこの家を活かしたいと、楽しみな気持ちで現地調査を終えました。

is1125-2

解体すると鉄骨造のそれは、
どーんと体育館のような大きなスペースとなり、
心に隅に引っかかるような期待感のある小屋組みを現しました。

is1125-4

ただし、
どうする!?という前向きなドキドキを与えるワイルドさは、
断熱も気密もないスカスカの状態と表裏一体で。

まずは住める状態にしなければなりません。
床の傾きを修正し、床下の湿気を止め、断熱材を充填し・・・

is1125-7

そして仕上げはいつものセルフペイント。

is1125-6

ご夫婦とワンちゃん2匹の家は、
70㎡をフルに使いきった、廊下のない1LDKになりました。

is1125-1

実はとっても心配性な奥さんと、
いつも陽気に冗談まじりにそれを支えるご主人と、
あったかいご夫婦のバランスが、いつもわたしまでほっこりさせてくれました。

おふたりとも、
実はとってもしっかりとテイストやお好みがあるけど、
おまかせとこだわりのバランスが絶妙で、
「じゃあそれで」と、あっさり決まったようで、
トータルの仕上がりはきちんと統一感がある。

DIYが好きな奥さまだからこそ、
あとはなんとかなるよ、という大きな気持ちで、
リノベーションにお付き合いくださったおかげだと思います。

知り合ってまだ半年なのに、
ずいぶん前から知り合いだったような不思議な親近感があるご夫婦と、
Husetにそっくりなこの建物は、
古い戸建てに住むという楽しみを、まっすぐに教えてくれるようでした。

また1組のいいご夫婦といいおうちに出会えた、
幸せなリノベーションプロジェクト。
Iさん、ありがとうございました!
これからもよろしくお願いします。

naka


カテゴリ: リノベーション, 白水池リノベ | Comments (0)

2014/11/13

白水池リノベの完成間近!

ブログがご無沙汰になっておりました・・・。

春日市白水池の戸建リノベは、もうすぐ完成!
ハウスクリーニングも終わりました。

セルフ塗装の日からすればずいぶん肌寒くなり、
このときはいつも、あっという間だったような気分になります。

is1113-1

洗面所にも、ちょっと気になる子がいます☆

is1113-2

白水池リノベは、お施主様のご厚意により、
11/22(土)限定で、オープンハウスを開催させていただくことになりました。
詳細はこちら

連休初日ではございますが、
ご興味、お時間ございましたら、ぜひお立ち寄りください。

naka


カテゴリ: リノベーション, 建築現場から, 白水池リノベ | Comments (0)

2014/11/04

白水池のセルフペイント

白水池のリノベーションは、
ワイルドだった鉄骨が白く塗装され、繊細さが生まれました。
少し量が多いかなと気になっていた鉄骨ですが、
むしろ、華奢なラインが空間を走り、
今後のインテリアの楽しみを増やしてくれる予感がします。

is1031-1

そこからさらに、ミルクベージュに塗装していきます。

「おいしそう」というお施主さんのお言葉通り、
カフェオレのようなベージュがシックで優しく、
アンティーク家具との相性がよい、
ほっとする落ち着いた空間になりました。

is1103-1

毎回やってるんですか!?というご質問もいただきました。
確かに、セルフペイントはほぼ毎回の恒例行事になりつつあります(笑)

塗っている最中は大変な部分もありますし、
翌日は確実に筋肉痛ですが、
みなさん最後は「楽しかった!」と言っていただいています。

オトナになってからは特に、
自分のためにみんなで集まって体を動かす作業をするのは、
引っ越しくらいのものでしょうか。
家じゅうペンキ塗りなんてなかなか経験することはありませんが、
案外できるし、達成感がある楽しいイベントです。

そして次の物件もまた、・・・セルフペイントの予定です^^

Iさん、1日がかりのセルフペイント、お疲れさまでした!

naka


カテゴリ: リノベーション, 建築現場から, 白水池リノベ | Comments (0)

2014/10/10

日本の心とRockな梁

industrialのカテゴリーに入るのか、はたまたRockだと言っていいものか、
鉄骨造の白水池リノベのLDKは、
LDKの天井をとっぱらい、小屋組みの鉄骨を見せる吹き抜けがあります。

is1010-1

間仕切りがなくなって実感するこの家の解放感!!
外部とのこういうつながりは、自然懐かしさとリンクします。
そしてこんなに連続性が心地よいと、
おもわず庭に出たくなるのは当然でしょう。

先日デンマークの学生さんに、日本の建物について聞いてみたところ、
「建物に至るまで、心の準備をする空間(演出)がある」
という回答がありました。

おもてなしとは何ぞやと、
オリンピック招致で湧いた時期に、多くの人が考えたことでしょう。

思うに、元来日本人は
きっと空間に対しても調和の感覚を持っていて、
謙虚に誘う心のからくりを、
深く大切に考えている民族なのではないかと。

そんな日本の心と、Rockな梁を掛け合わせて、
白水池リノベに「らしさ」を吹き込んでいきます。

naka


カテゴリ: ひとりごと, リノベーション, 建築現場から, 白水池リノベ | Comments (0)

1 / 212