• Twitter
  • facebook
  • Clip Evernote

基山マンションリノベ スタッフブログ

Category : 基山マンションリノベ

2014/06/25

基山マンションリノベ、お引渡しでした

今日は、
GW明けから工事が始まった、
佐賀県基山のマンションリノベのお引渡しでした。

築23年、場合によってはそのまま使ってもいいような
状態のいい部屋でした。
ただし、間取りは部屋数を重視した3DKで、
それぞれの部屋は独立した間取りでした。

≪Before≫
ki0625-5

今回のリノベーションは、
それぞれのエリアをオープンにし、
隠したい場所も完全クローズではなく、
「視界に入らない、気にならない」という考えで、
家全体での風や光の抜けをつくりました。

≪After≫
ki0625-1

ダイニングを兼ねたアイランドキッチンには、
調理する人、食べる人、話す人がカジュアルに集う、
中心的な存在感があります。

そして内装は、
大人っぽいシックさが漂うグレイッシュベージュの壁と、
淡い木目を残したホワイトオイル仕上げの床、
二重サッシに白い木を取り入れた、
上品なカラーコーディネートになりました。

日々快適に、それぞれの部屋をフル稼働させながら、
フルリノベーションしたこの家で、
新生活と経年変化を楽しんでいただけたら幸いです!

Oさん、ありがとうございました!
そしてこれからも、よろしくお願いします☆

Huset naka,hori


カテゴリ: リノベーション, 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 基山マンションリノベ, 建築現場から | Comments (0)

2014/06/19

完成間近

今日は、大詰めを迎えた基山町のマンションリノベのハウスクリーニング。

ki0619-1

養生だらけだった現場が、
新しい生活の始まりと、
積み重ねてきた作業の終わりを知らせているようで、
感極まる工程です。

ああでもない、

ki0619-3

こうでもないと、

ki0619-2

悩んだ日々が懐かしい(笑)

naka


カテゴリ: リノベーション, 基山マンションリノベ, 建築現場から | Comments (0)

2014/06/10

色入れの日

基山のマンションリノベでは、
お施主さんと応援の子たちと6人で、
朝からセルフ塗装をがんばってきました!

ki0609-2

落ち着いたグレイッシュトーンを全員でペイントしていくと、
みるみるうちに落ち着いた女性的な柔らかい空間へと
変化していきました。

ki0609-1

アクセントに取り入れたシックなパープルが、
ほどよい存在感で上品です。

白い家具に合うようにと選んでいただいたカラーが、
ご入居後のインテリアを最大限に引き立ててくれることでしょう!

naka


カテゴリ: リノベーション, 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 基山マンションリノベ, 建築現場から | Comments (0)

2014/05/23

基山マンションリノベのカラーコーディネート 

基山のマンションリノベは、
壁ができて空間の雰囲気が少しずつわかるようになってきました。

ki0523-4

現場では、このあとの仕上げ工事に向けて、
壁や各部位の塗装色など、
トータルでバランスを見ながら最終確認中です。

壁のベースカラーやアクセントカラー、
枠や扉の塗装の色など、
ニュアンスのある色の組み合わせを予定しています。

ki0523-2

ホワイトオイル仕上げのフローリングも張り始めました。

ki0523-3

単品で見るより、そして机上で見るより、現場でひとつずつ確認。
光の反射や、立体でのバランスをイメージし、
家づくりを楽しめるひとときです☆

naka


カテゴリ: リノベーション, 基山マンションリノベ, 建築現場から | Comments (0)

2014/05/09

リノベーションいろいろ

基山のマンションリノベは
解体して内部がすっかり見渡せるようになりました。

ki0509-1

机上でのプランとスケルトンにした空間を照らし合わせ、
計画の微調整を行い、
これから設備配管、電気工事、造作工事と進んでいきます。

一方、その他リノベーションのご相談も続々といただいており、
今日はまた新しい物件の現地調査に行ってきました。
恵まれた立地と、少し変わった既存の間取りが魅力的な建物でした。

mi0509-2

戸建のリノベーションは、
物件と出会ったときのインスピレーションから始まることがありますが、
経過している築年数にこれから暮らすであろう年数を加えたとき、
その期間、しっかりと家族を守り、快適で、愛着を持って住める家かどうか、
多角的に検討していくことが重要です。

mi0509-1

そうした判断から、
時には気持ちをリセットして、物件探しを再スタートすることもあります。

あきらめるときはちょっとだけ残念ですが、
大切な「家」だからこそ、
総合的に納得のいくリノベーションとなるよう、
いろいろ見て目を肥やし、話し合いを重ね、
慎重に判断するお力になれればと思っています。

naka


カテゴリ: リノベーション, 基山マンションリノベ, 建築現場から | Comments (0)

1 / 212
カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ