• Twitter
  • facebook
  • Clip Evernote

リノベーション スタッフブログ

カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ
RSS
RSSRSS リーダー等で、ブログの RSS を登録しておくと、いち早く更新記事をご覧になれます。

Category : リノベーション

2017/10/02

「北欧歯科」の、予防という本質

北欧歯科

Huset初めての、歯科医院のお仕事でした。
福岡市中央区桜坂で、
10/3オープンを控え、着々と準備が進んでいます。

ho0928-1

工事に入る前、
北欧歯科の先生から「予防歯科」のお話を伺いました。

生涯自分の歯を使っていくためにすべきことは、
トラブルが起こることを防ぎ、治療していくこと、
つまり「予防」だというのです。
対症療法だけでは、いずれ歯がなくなってしまう・・・と。

衝撃でした。
歯がなくなってしまうなんて。
これまでわたしが歯医者に行くイメージ、大前提は、
歯が痛くなって、保険が使える治療に通うというものでしたし、
それに・・・

家と同じなんです。

ho0928-2

メンテナンスを続けることが、美しい家である最大の秘訣です。
悪くなってから処置をしても、
つぎはぎだったり、手遅れだったり。
だからHusetは、
・メンテナンスがしやすいこと、
・メンテナンスしたくなること、
を意識しています。

歯も、ずっと見守りメンテナンスを続けることが大切なんですね。

ho0928-3

ずっと美しい住まいであるために手入れをする。
ずっと自分の歯を使うために予防をする。

「そもそも」という本質の部分にとても共感を覚え、
初めてですが、不慣れですが、
どうしてもこのプロジェクトにチャレンジさせていただきたいと思ったのです。
そしてたくさんの方のご理解とご協力に支えられ、
なんとかここまでたどり着けました。

明日から晴れてクリニック開業、
少しでも多くの方に、予防という概念が浸透し、
たくさんの歯が守られますように。

Husetも、異業種ですが予防の理念をシェアし、
出会う家たちを守るお手伝いを続けていきます。

ここに、大きな大きな感謝の意を込めて、
はなむけの言葉とさせていただきたいと思います!

naka


カテゴリ: リノベーション, 北欧歯科, 店舗, 建築現場から | Comments (0)

2017/08/28

帰りたくなる家

「リノベーションしてよかった!」と、
お会いするたびに、くすぐったいほど褒めくださる
愛宕マンションリノベのIさん宅にお伺いしました。

フルスケルトンではなく、LDKを中心とした半分リノベでしたが、
半分なんてことを忘れてしまうくらい、
部屋は瑞々しく生き生きとして、
暮らしの楽しさが伝わってきました。

at0828-1

冬には、お向かいの川に反射した光が、
天井をゆらゆらと照らしてくれるんだそうです。
塗装のマットな壁が、
光の反射も置く家具も、花も緑も、全部ステキに見せてくれます。

ちなみにBeforeはこちら。

at0828-3

毎日帰りたくなる大好きな家に暮らすと、
これまではなんとなく眺めるだけだったインテリアショップの家具を、
具体的に自分の家と重ねながら選べるようになったり、
変なものを置きたくないからと、
間に合わせの中途半端なものを買わなくなったり、
住まいが変わると心の変化もたくさんあったそうです。

at0828-2

家が大好きだと片付けたくなるし、
疲れて帰った日もお料理をがんばれる!
というお言葉も印象的で、
Husetがつくりたい家ってそんなだったなと、
なんだかジーンと感動してしまうような、
Iさんとのお話でした。

大好きな家で大切な家族と、幸せなひとときを過ごし、
エネルギーをチャージして、明日からまたがんばれる。

とっても北欧的なIさんのお言葉に励まされ、
わたしもがんばろ!と、充電完了です。

naka


カテゴリ: リノベーション, 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 愛宕マンションリノベ | Comments (0)

2017/08/19

姪の浜マンションリノベのお引渡し

8月もお盆を過ぎると、
ほんの少し秋の風が吹き始めますね。

姪の浜マンションリノベのお引渡しは、
とても暑い夏の日になりましたが、
風の通り道を見つけて涼みながら、
各種ご説明をさせていただきました。

me0821-1

今回のマンションリノベ、
実は、なかなか手ごわい物件でした。

壁式RC造のマンションなのですが、
もとの紙資料が少ないために、工事前の検討が難しく、
実際着工してからわかった構造も、
部屋割りの融通の利かないつくりだったのです。

よって、大幅な間取り変更にはなりませんでしたが、
代わりに、各空間に少しずつの個性と工夫をプラスしました。

Before
meb0821-2

大きく位置を動かすことができなかったキッチン、
そして「ダイニング」「リビング」のまとまった広さを確保できないLDKは、

After
me0821-3

作業台、収納を兼ねたダイニングテーブルを配置し、
家族の集う場所をつくりました。

me0821-2

どこともつなぐことができない独立した部屋は、
家族でじっくり話し合って決めた、ブルーを取り入れました。

me0821-4

そして、家じゅうスカンジナビアンパインのフローリング!
湿度の高いこの真夏でも、
足ざわりはとても柔らかく、サラサラで快適です。

最初の直感を大切に、
柔軟に前向きに、新しい家を受け入れるHさんだったからこそ、
この難しいマンションでも、
自分たちらしい家に完成させることができたのでしょう。
仲のいい、2対2の家族会議の構図も微笑ましく思い出されます。
そしてこれからはここで。
この部屋を育てる会議が続いていくに違いありません。

Hさん、新しいおうちで、
どうか楽しい日々をお過ごしくださいね。
Husetを見つけてくださって、ありがとうございました!

naka


カテゴリ: リノベーション, 姪の浜マンションリノベ, 建築現場から | Comments (0)

2017/08/10

セルフペイント、アクセントカラー

姪の浜マンションリノベでは、
アクセントウォールにブルーをご採用いただきました。

me0809-1

落ち着いた上品な深いブルーは、
オトナのアクセントカラーとして人気があります。
白い壁と同じように、
絶妙にフラットでマットな仕上がりが、
置き物家具、周辺のファブリック、植物までも引き立ててくれます。

先日、アパレル関係のショップでもブルーをご採用いただきました。
空間のアクセントでありながら主張せず、
季節ごとの展示に新しいシーンを吹き込んでくれるような、
魅惑的な存在感があります。

salon0809

0810
Class Salon

いつか飽きてもなんてことを心配せず、
心の向くままに、大好きな色を自分の部屋に!

8月の暑い週末、
家族全員でがんばったセルフペイントでした。

姪の浜マンションリノベのブルーも、
むしろブルーだからこそ、
若い女性らしいかわいい空間になってくれるに違いありません。

Hさん、お疲れさまでした!

naka


カテゴリ: リノベーション, 姪の浜マンションリノベ, 建築現場から | Comments (0)

2017/08/04

セルフ養生

姪の浜マンションリノベも、もちろんセルフペイントです!

昨日は、ペイントをきれいに仕上げるポイントとなる
“養生” 作業を施主のHさんと一緒に行いました。

image4

ペンキを、思う存分塗れるように
壁・天井面以外を全て保護していきます。
地味な作業ですが、これをしなくちゃ始まりません。

いよいよ明日。
これがしたかった!と今から楽しみにしていらっしゃるHさん。
楽しみながら、一緒に頑張りましょうね!

sakita


カテゴリ: リノベーション, 姪の浜マンションリノベ, 建築現場から | Comments (0)

1 / 451234567...Last »