• Twitter
  • facebook
  • Clip Evernote

谷の家 スタッフブログ

Category : 谷の家

2016/01/08

あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます。
Husetも1/4から、本年の営業を開始しました!

新しいプロジェクトも着々と進み、
今年6期目を迎えるHusetとしては、
最高の一年の始まりを迎えることができました。

今年も一歩ずつ、
初心を忘れず、着実に歩み進み続ける年にしたいと思います。

そして、
1軒ずつ、大切なおうちたちと共に、
あったかい時間を過ごせるよう、精進したいと思います!

↓昨年末にお引渡しした「谷の家」
ta0108

本年も、どうぞよろしくお願いします!

Huset naka,hori


カテゴリ: ひとりごと, 北欧住宅(注文住宅), 谷の家 | Comments (0)

2015/12/26

谷の家のお引渡し

今日は、谷の家のお引渡しでした。

ヘリンボーン張りのフロアの先には、
オーダーキッチン、ガラス張りの収納スペース、
家事コーナーを併設した、
奥さまのこだわりのキッチンスペースがあります。

ta1226-5

2階のライブラリースペースは、
個室から出て、最初に家族が集まる空間です。
振り向くと、自分で塗装したアクセントウォールが見えて、
寝るときは別々でも、いつもつながっているような
あたたかい拠点になったように思います。

ta1226-6

今日はさっそく、Sくんが宿題をしてくれました。
ひとりで2階にいても、
吹き抜け越しに1階の声が聞こえるので、さびしくなかったかな?^^

ta1226-1

家族そろってカギの確認をしていただき・・・、
いよいよ、新しい生活の始まりです!

ta1226-2

昨年の夏から始まったお打合せ。
こうしたいよ!という思いをしっかりとお持ちで、
小さなところまであきらめず、
ひとつひとつ精査する作業の積み重ねが、ようやく実を結びました。

ta1226-3

家も人も、どうでもいいことなんてひとつもなくて、
いつもいつも、できることなら全てなんとかしたいと思います。
でも、できることもあればできないこともある。
その折り合いがどこで着くのか・・・
今は、「納得」や「理解」以上に、
「信頼」の重みとありがたさを深く感じています。

数ある住宅会社の中からわたしたちを選んでくださったYさん、
本当にありがとうございました。

恥ずかしがり屋のKちゃんも
今ではたくさんお話ができるようになりました。
たくさんのかわいい笑顔をありがとう☆
Sくんも、いつも打合せが終わるまで本を読んで
わがまま言わずに待ってくれて、ありがとう☆

まだまだ未熟なわたしたちをずっと信じてくださったYさんに、
心から感謝しています。
そしてこれからのHusetの成長を、
Yさんはもちろん、
わたしたちを見守ってくださる皆さんに誓いたいと思います。

Yさんの新しい家で始まる日々が、
あたたかく豊かで、愛おしい時間になりますように☆
これからも、どうぞよろしくお願いします!

Huset naka,hori


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 建築現場から, 谷の家 | Comments (0)

2015/12/21

完成間近の谷の家

ヘリンボーンがとても美しいリビングになりました。
谷の家は、完成まであと少し。

ta1221-3

リビングの吹抜けにつながる2Fのライブラリースペースは、
子ども部屋、主寝室、それぞれの部屋から出て
最初にみんなが集まる場所。

ta1221-1

小さなデスクはベンチのようにもなり、
ちびっこたちが両サイドの部屋との行き来に楽しんでくれています。

ta1221-2

近隣の視線が気にならない広めの屋上は、
昼間の解放感も最高ですが、
夜はまた、斜面に連なる住宅街の明かりが贅沢な眺めです☆

naka


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 建築現場から, 谷の家 | Comments (0)

2015/12/07

こどもセルフペイント

中央区谷の家のセルフペイントでは、
ご夫婦はもちろん、お子さんもとってもがんばってくれました。

ta1207-1

養生はもちろん、

ta1207-0

オトナが避けたくなるような狭い場所も。

ta1207-3

白をひたすら塗る1日目はとても退屈だったと思いますが、
それも翌日、自分の部屋を塗るまでのしばしの辛抱・・・。

2日目、念願のアクセントカラーを入れました。
自分で選んだ色を、それぞれの部屋に。

Sくんはブルー、Kちゃんはピンク。

ta1207-6

ta1207-4

壁の量が多い谷の家でしたが、
みんなでがんばった甲斐あって、2日間で目標分はすべて塗り終わりました!
お子さんたちもぐずったりせず、ジャマもせず、
暗くなったら灯りを持ってきてくれたり、
飽きたらふたりで遊んだりと、本当におりこうさんでした。

ta1207-7

こうしてお子さんでも安心して触っていただけるのも、
水性塗料の良いところであり、
また、壁は塗るもの、色は自分たちで変えられるもの、
材料は経年変化があるもの、
という、本質的な記憶をたくさん残してくれたらいいなと思います。

竣工まであと1か月を切りました。
ここから加速したかのように内部がどんどん仕上がっていきます。
少しずつ具体的に見えてきた空間の使い方・・・、
そんな楽しみを膨らませつつ、
ひとまずゆっくりペイントの疲れを癒していただきたいです。

Yさん、お疲れさまでした。

naka


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 建築現場から, 谷の家 | Comments (0)

2015/11/09

ヘリンボーン!

ta1109-1

みんな大好き、ヘリンボーン張りのフローリング。

こうしてひとつひとつのピースを並べていくため、
Vのラインの位置設定や、
張る手間のひとつひとつに神経を使います。

ta1109-2

でもこの仕上がりは、
張るときの苦労を吹き飛ばしてくれる美しさです☆

naka


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 建築現場から, 谷の家 | Comments (0)

1 / 212
カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ