• Twitter
  • facebook
  • Clip Evernote

北欧住宅(注文住宅) スタッフブログ

Category : 北欧住宅(注文住宅)

2018/02/05

「雁の巣の家」着工しました!

週末から雪がチラつく2月5日、
東区「雁の巣の家」は着工しました。

まだまだ二次元でのイメージになりますが、
周囲を囲まれた旗竿地、
メインの窓からの抜けを狙った配置、
どう見えてくるか!?楽しみです。

naka


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 建築現場から, 雁の巣の家 | Comments (0)

2018/01/26

冬とのがまん比べ

太陽の光が燦々と降り注ぐ、筑紫野の家のダイニング。
寒い日が続くと、
お日さまがとても恋しくなりますね。

冬は家の中にいて白い息が見えるんですよ~
というご相談に来られる方もたくさんいらっしゃいます。
古い家ではよく耳にするお話です。

各部屋でエアコンをつけて、
お風呂やトイレはリフォームしたから暖房をつけて、
でも廊下は超寒い。

・・・意味ないですよね。

家庭内で亡くなる方は交通事故死より多い、
というデータもあります。
夏は、熱中症に注意!と日々メディアがたくさん呼びかけますが、
冬に「ヒートショック注意!」との報道は目立ちません。
ホームセンターには、快適には程遠い、
簡易な断熱対策グッズが並びます。

日本は、九州は、冬への備えがとても遅れています。

断熱と気密にこだわったHusetの家は、
外の寒さを、少し遠くに感じるようになります。
家じゅうが絶対的にあたたかいのではなく、
暑い人は薄着をする、寒い人は1枚羽織る、というふうに、
快適な状態にみんなが歩み寄りやすい、
過ごす人たちにとって平均的な温度をつくりやすくなります。
それが家電の稼働時間へ、
最終的にはご家庭の省エネへとつながります。

冬とのがまん比べをする人が少しでも減っていくよう、
快適さに対する誤解が少しずつでもなくなるよう、
本当の快適ってなんだろうと、
問いかけ続けたいと思う、0℃の朝でした。

naka


カテゴリ: Husetのエコ, 北欧住宅(注文住宅), 筑紫野の家 | Comments (0)

2018/01/17

雁の巣の家、地鎮祭

雁の巣の家は、本日地鎮祭を執り行いました。

今日は、昨夜から続くあいにくの雨でしたが、
むしろ、「雨風が悪いものをすべて洗い去ってくれた日」という、
家づくりの始まりとして、とても縁起の良い日だったと思います。

ちょっと脱線しますが、
昨年の12月22日、
わたしは自分の人生で最も、冬至を心待ちにしました。

とある大切な方から、
「冬至は春の始まり」と教えていただき、
まだ寒いけれど、朝夕暗いけれど、
これから春がやってくるんだと思うと、
すべてが真新しく始まるように感じ、
翌朝を迎えるのが本当にワクワクしたのです。

人も物も出来事も、見るか見ないか。
いいことは必ずある。
そんな風に思えるようになりました。

話は戻り、雁の巣の家。
シンボリックな窓のあるこのおうちは、決して広くはありません。
でも、コンパクトな中に幸せが凝縮されたような、
愛おしいおうちになる気がしています。

3月にはデンマークから材料が届きます。
その日まで、粛々と準備を進めたいと思います!

naka


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 雁の巣の家 | Comments (0)

2018/01/10

2018年 新春のご挨拶

あけましておめでとうございます。
2018年が始まり、Husetは8期目に入りました。
心を新たに、今年のスタートを切りたい、そんな思いです。

今日は朝から雪が降ったりあられが降ったり、
山を見れば雪景色。
毎年この時期になると、
福岡でも雪が積もるほどの寒い日があります。

福岡市南区の「柏原の家」では、
夜間のみ、20℃でエアコンを稼働しています。
今日もいつもと変わらず朝8時に暖房を切りましたが、
午後になっても室温は20℃をキープ!

これまでもずっと、
断熱の重要性を謳い続けてきましたが、
こうして冬が来ると特に、
その快適さと省エネの効果をひしひしと感じます。

家づくりは、
どなたにとってもとても大きなご決断のイベント。
やりたいこと、理想、たくさんたくさんありますが、
「暮らす」「生きる」ことのベースとなる家に、
最初に備えるべきもの、本質を、
しっかりじっくり、考え、お伝えしていきたいと思います。

Husetなりのサステナブル住宅、
2018年は、またひとつ前に進めていきたいと思います。

今年もどうぞよろしくお願いします!

naka


カテゴリ: Husetのエコ, 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 柏原の家 | Comments (0)

2017/12/28

沼新町の家、お引渡しでした

2017年の締めくくりは、沼新町の家のお引渡しになりました。

「こんな形のおうちにしたい」という
外観とキッチン、2枚のイメージ写真から始まった家づくりは、
思い返せばいつも、
枝葉に捉われすぎず、完成させたい樹形へと向かって、
常にお打合せを進めて来られたように思います。

4か月待って届いたデンマークの窓も、
オークのフローリングも、
ひとつひとつがとても絵になります。

自分で言うのもなんですが、
ちょっとお施主さんがうらやましく思えるくらい、
かわいいおうちが完成しました!

土地探しから始まった家づくりは、
完成してしまうとあっという間でしたが、
お引越しして、1年たって、2年たって、
このおうちが好き、と言っていただける日を楽しみに、
Yさんを送り出したいと思います。

Yさん、ありがとうございました。
このかわいいおうちを、どうぞよろしくお願いします☆

Huset、naka、hori、sakita


カテゴリ: デンマーク, 北欧住宅(注文住宅), 北欧家具・インテリア・北欧雑貨, 建築現場から, 沼新町の家 | Comments (0)

1 / 461234567...Last »
カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ