• Twitter
  • facebook
  • Clip Evernote

 スタッフブログ

Monthly archive : 3月, 2015

2015/03/27

足場解体!@瑞梅寺

今日は足場解体の瑞梅寺の家。

お向かいの畑は耕作中という、
相変わらずのどかな風景に、白いおうちが現れました。

3月に入り、少しずつ植え始めている植栽が大きくなって、
この家を木々が囲んでくれる日が待ち遠しくなります。

zu0327-1

室内から見た、メインの大きな出窓。

zu0327-4

まだ家具が入っていないため、
パノラマ感がわかりづらいかもしれませんが、
瑞梅寺の風景がほどよく身近で、とても心地いい解放感です。

塗装の下地処理も順調です。

zu0327-3

naka


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 建築現場から, 瑞梅寺の家 | Comments (0)

2015/03/25

久留米のセルフペイント

久留米で進行中の戸建リフォーム。

ご夫婦のお休みが合わなかったので、
男性陣は下準備と肉体労働(笑)、女性陣は仕上げと、
別日ならではの協力をしながら、
セルフペイントをがんばっていただきました☆

まずはご主人から。
朝はマスキングや養生から始まり、
後日の女性陣のために、
塗りにくい場所を優先して進めようと、
天井や、洗面所、玄関、階段、トイレ、収納内部などの細かい部屋を、
夕方までみっちり進めました。

ku0325-2

数日後、今度は奥さまとお友だちの番です。
メインのLDKを中心に、
おふたりには、仕上げの2回目の塗装をしていただきました。

ku0325-1

別々の日ではありましたが、
ご夫婦とも、丁寧に、何度も振り返りながら、
きちんとキレイに仕上げたい!という思いは全く同じで、
その様子にほっこりしながらお手伝いしました。

ku0325-3

完成まであと1週間。
ご夫婦のお気持を引き継いで、
残りの工事もきっちり仕上げていきたいと思います!

naka


カテゴリ: リノベーション, 建築現場から | Comments (0)

2015/03/21

思い描く庭のために。

家と切っても切れない関係、「庭」。

瑞梅寺の家は、豊かな自然の中に自生していた植物の中に、
新しく選んだ木々を植えていく予定です。

まるで雑木の中にたたずむように、
家が緑にに包まれるような・・・。

そのためには。
自分たちの庭を、自分たちの手でつくっていきます!

zu0320-2

大きくなりすぎて、ちょっと困りものの木と格闘。
それもこれも、自分たちの思い描く庭のために☆

zu0320-1

頼もしいふたりです^^

naka


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 庭づくり, 建築現場から, 津屋崎の家 | Comments (0)

2015/03/13

共有される時間

それぞれの時間が心地よく共有される連続感をもった、
シーンのある2階建てが大好きです。

zu0313-1

たとえそれがおじさんとおじさんでも、
ちょっといい感じに見えます。

zu0313-3

外部は断熱材を張り終わり、仕上げの左官工事中です。
塗り終えるまでの束の間、
まるで石積みのような外観です。

石積みの堅牢さを感じさせるのに、
触れるとロックウールのソフトな感触があり、
建物が守られている実感となって、これもまた幸せな時期です。

naka


カテゴリ: 北欧住宅(注文住宅), 建築現場から, 瑞梅寺の家 | Comments (0)

2015/03/11

百道浜マンションのお引渡し

百道浜のマンションリフォームは、大きく何かを変えるのではなく、
まだ新しい既存の空間を活かしながら、
お手持ちのものを活かしながら、
少しずつ質を上げるリフォームでした。

mo0311-1

既存の間取りに必要最小限の造作工事を加え、
必要なところに出張らない家具を加え、
リメイクしたカーテンと新しく仕立てたカーテンを組み合わせ、
一見すると、どこが変わったかもわからないくらい、
調和のとれた仕上がりとなりました。

mo0311-2

リフォームやリノベーション、新築でも、
デザインを凝らして、おもしろいものをつくる!と意気込みすぎてしまいがちですが、
実はベースの箱は、物足りないくらい控えめでも十分だと考えています。

暮らしが始まり、家具や物が増え、
必然的に色や要素が増えるのが家だからこそ、
これから加わっていくたくさんの物たちが引き立つよう、
ベースの箱は、縁の下の力持ちとなるよう、
主張せず、それらを静かに支えるクオリティが重要です。

mo0311-3

時間がたったとき、
本当に必要なデザインだったと思える意匠と、
ゆっくりと時間をかけて完成に向かう素材が、
愛おしく感じられると信じています。

今回、お引越しまでのタイトなスケジュールの中、
数々のご判断に頭を悩ませていただきつつも、
いつも優しい笑顔でお気遣いくださったIさん、
本当にありがとうございました。

そしてご縁にご縁をつないでくれたTくんにも、
心から感謝しています。ありがとう!

Huset naka,hori


カテゴリ: リノベーション | Comments (0)

1 / 212
カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ