• Twitter
  • facebook
  • Clip Evernote

 スタッフブログ

Monthly archive : 5月, 2014

2014/05/28

51年たった家も。

せっかちな夏がもう来たか!
と言わんばかりに、今日はとてもとても暑い・・・。

汗をかきながらHuset事務所へ戻ると・・・、
太陽の光を背に葉をきらめかせている
玄関前のヤマボウシとミモザが目に留まり、
悪くないなぁと思わず写真を撮りました。

h0528-1

いいかげんな剪定をするから、
もう花をつけてくれなくなったんだろうな・・・と
罪悪感とともに半ばあきらめかけていたヤマボウシにも、
よく見たら白い花がいくつか咲いていて。
その力強い生命感とわずかに咲いてくれた花の無垢さに、
感動してしまいました。

築51年、網戸も閉まらなくなってきた古い古いこの家、
こうして緑に囲まれて、
日々だれかが枕木とレンガの小道を歩いてきて、
白いドアを開けてくれて、
案外喜んでいるんじゃないかと思うのです。

なんの変哲もなかった普通の家、
少しずつ老いを感じさせるようになっても、
こんなにみんなが愛してくれるなんて、
ヤツは幸せモノです(笑)

naka


2 Responses to 51年たった家も。

  1. こんばんは
    ほんとに素敵な外観だと思います。日本ではないみたいです!
    ここを訪れるだけでhusetマジックにかかってしまう方もいそうです(笑)
    レンガと枕木の小路もいいです。新緑がまぶしいのもいいですが、ちょっと小雨模様なのもいいかも。
    じっとたたずんで眺めていたくなりますね。

  2. naka says:

    松田さん、いつもありがとうございます。
    ちょうど先日、雨の日のことを話していたところでした。
    雨の日は、ミモザが雨水の重さに枝をもたげて通りを邪魔するんです。
    でもそんな姿にミモザの成長を感じたり、しずくの重さに耐える枝の強さを感じたり^^
    雨上がりのアスファルトの匂いも、静かに前を向かせてくれる感覚があって好きですが、
    土に落ちるしずくの奏でる音も、雨に打たれて香るラベンダーも、わたしは大好きです。

カテゴリ: ひとりごと, リノベーション, 庭づくり | Comments (2)

2014/05/23

基山マンションリノベのカラーコーディネート 

基山のマンションリノベは、
壁ができて空間の雰囲気が少しずつわかるようになってきました。

ki0523-4

現場では、このあとの仕上げ工事に向けて、
壁や各部位の塗装色など、
トータルでバランスを見ながら最終確認中です。

壁のベースカラーやアクセントカラー、
枠や扉の塗装の色など、
ニュアンスのある色の組み合わせを予定しています。

ki0523-2

ホワイトオイル仕上げのフローリングも張り始めました。

ki0523-3

単品で見るより、そして机上で見るより、現場でひとつずつ確認。
光の反射や、立体でのバランスをイメージし、
家づくりを楽しめるひとときです☆

naka


カテゴリ: リノベーション, 基山マンションリノベ, 建築現場から | Comments (0)

2014/05/17

Husetに集まれ!

今日は、Husetがフル稼働しています。

小さなお菓子屋さんRemyと、椅子のアップサイクルHappy IS.がオープンし、
事務所がとってもにぎやかです☆

0517-2

保存料も香料も一切使用していない、
お子さんにも優しい、愛情たっぷりのお菓子と、
さもすればどこかで眠ってしまそうな古い椅子に、
新しい可能性と魅力を吹き込んだ椅子、
どれもこれも、ほっこり&心はずむモノばかりです。

0517-1

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

次回のオープンは6月14日を予定しています☆

naka


カテゴリ: イベント | Comments (0)

2014/05/14

配置の確認に。

西区の今宿東の家は、
来月の着工に向けて、
解体工事のおわった現地にて、配置の確認をしました。

im0514-1

既存の建物があったころには想像しづらかった距離感など、
歩きながら、測りながら、再考します。

少しずつ、家づくりが実感となってくる頃、
その日を待ち遠しく思いながら、
始まりの日まで、丁寧に準備を進めていこうと思います。

naka


カテゴリ: 今宿東の家, 北欧住宅(注文住宅), 建築現場から | Comments (0)

2014/05/09

リノベーションいろいろ

基山のマンションリノベは
解体して内部がすっかり見渡せるようになりました。

ki0509-1

机上でのプランとスケルトンにした空間を照らし合わせ、
計画の微調整を行い、
これから設備配管、電気工事、造作工事と進んでいきます。

一方、その他リノベーションのご相談も続々といただいており、
今日はまた新しい物件の現地調査に行ってきました。
恵まれた立地と、少し変わった既存の間取りが魅力的な建物でした。

mi0509-2

戸建のリノベーションは、
物件と出会ったときのインスピレーションから始まることがありますが、
経過している築年数にこれから暮らすであろう年数を加えたとき、
その期間、しっかりと家族を守り、快適で、愛着を持って住める家かどうか、
多角的に検討していくことが重要です。

mi0509-1

そうした判断から、
時には気持ちをリセットして、物件探しを再スタートすることもあります。

あきらめるときはちょっとだけ残念ですが、
大切な「家」だからこそ、
総合的に納得のいくリノベーションとなるよう、
いろいろ見て目を肥やし、話し合いを重ね、
慎重に判断するお力になれればと思っています。

naka


カテゴリ: リノベーション, 基山マンションリノベ, 建築現場から | Comments (0)

1 / 212
カテゴリー
最近のブログ
アーカイブ